lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

食べ歩きの記録です。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

フレンチ・ビストロ

乃木坂の「タンモア」でカエルのロースト エスカルゴのラビオリ 土のソース、カサゴのバリグール風、鰹とソッカのミルクレープ、ジビエのアミューズ、日本の酒の共演、ノンアルコールペアリング。

お昼は気になっていた乃木坂のフランス料理のお店へ。 女性シェフによるクラシカル寄りなお料理がいただけるということで、興味を惹かれていたのですよね。 お料理は月替わりのコース1本。 メインのみ選択制。 ドリンクはシェフ自らが考えるというノンアルコ…

三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」で牛タン元のロースト、タンの赤ワイン煮、ウサギのテリーヌ、胡瓜のクープグラッセ、新ごぼうのポタージュ、蕎麦のブランマンジェ、いちごのロールケーキ。

お昼は三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」さんへ。 前回訪問からあまり間を空けずに再訪となりました。 田町の「minobi」、五反田の「ビストロ・メランジェ」のサービスで人気を博したKさんが、メランジェの閉店に伴って期間限定でこちらで働かれると伺ったので…

代々木上原の「セララバアド」でSpring Menu 2019(春のメニュー)。

5月4日(土)、市場がお休みだったので朝からモヤモヤしながら過ごしましたが、夜はありがたいお誘いをいただいていたので代々木上原へ馳せ参じました。 セララバアド。 北欧の名店で修行されたシェフのお料理をいただける、イノベーティブ・フュージョンとか…

新富町の「ビストロ・シンバ」でほたるいかのタルト、ブッラータ・トマト・大西ハーブ農園のフレッシュサラダ、三陸産牡蠣と苺のエスカベッシュ、黒ムツのポワレ あさりとあおさのソース、ニュージーランド産仔羊のロースト。

浅草の後は新富町へ移動して、ずっと気になっていたビストロへ。 2015年のオープン直後から行ってみたいと思いつつ、3年以上経っていました。 ビストロ・シンバ。 京橋公園の向かい、天まめさんの店主さんのお兄さんのお店である「天朝」さんや、コスパのよ…

三ツ星フランス料理「カンテサンス」予約の電話をかけ続けた話とディナーの感想と現在の営業時間情報など。

5月28日(火)、1年ぶり3回目のカンテサンスへ。 ジーパンに無地のシャツしか着なくなった僕でも、ジャケットなぞ羽織ってめかし込んじゃいます。 基本的にお料理の撮影はNGなお店なので、今回は写真がありませんが、なかなか伺えるお店でもないのでメモ程度に…

三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」で、ホロホロ鶏のコンフィ、鱸のポワレ、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、クープグラス(蕪のムース)、小籠包、春人参のスープ、そば茶のブランマンジェ、甘夏のグラニテ、フランボワーズのムース。

4月16日(火)、久しぶりに三ノ輪の「ビストロ・ルミエル」さんへ。 6月でオープンから2年。 三ノ輪にこんなお店があるの?というオシャレなお店なのですけど(←失礼)、平日夜ながら満席近くまで席が埋まって、すっかり定着しているように見受けられました。 3…

表参道の「ラチュレ」で鴨のロースト 赤ワインのソース、ジビエのパテ・アンクルート、真鯛と菜の花の辛子和え、蕪と帆立のスープ、鹿の血のラングドゥシャとブーダンノワール、桜とトンカ豆のデザート。

前回訪問から大分間の空いてしまった表参道の「ラチュレ」さんへ。 色々なところで話題に挙がって、「もう全然予約が取れなくなっている」といったお話を聞く機会が特に最近多かったのですよね。 階段を降りた地下にお店はあります。 ご挨拶してカウンター席…

浅草の「オマージュ」で鳥取県産いのしし 菊芋のソース、山口県萩の甘鯛 松笠焼き 鯖節と春菊のソース、フルーツトマト、厚岸のバフンウニにシャンパンとミネラルウォーターのジュレ 牡蠣のムース他。

ランチは浅草のフレンチへ。 学生時代に1度伺っているお店なのですが、実に5年ぶりの再訪となってしまいました。 www.lockandgo65.jp HOMMAGE(オマージュ)。 前回伺った際はミシュランの1つ星を獲得していたと思いますが、ミシュランガイド2018で2つ星に昇格…

池尻大橋の「リアン」で仔羊肩肉のクリーム煮込み パクチーのサラダ添え、玉ねぎのムース コンソメのジュレ サーモン・ぶり・ほたて、じゃがいものスープ他。

お昼は、お久しぶり2度目の池尻大橋「リアン」さん。 目の前でイケメンのシェフがきびきびと調理する様子を拝見できる、カウンターの特等席へ。 2800円とリーズナブルな値付けで、前菜、メイン共選択式のプリフィックス。 それも、それぞれ6,7種類の選択肢が…

代々木上原の「sio」でランチコース2(岩中豚のロティ、カブと柚子のスパゲティ、キンメの鱗カリカリ焼き中華風ソース、野菜のコンソメ他)。

お昼は代々木上原のフレンチ「sio」さんへ。 www.lockandgo65.jp 昨年11月にお邪魔して以来、まだ2度目の訪問ですが覚えてくださっていました。 日々すごい人数を相手にされながら、ですから嬉しさもひとしおです。 こういうのは、SNSがもたらした利点のひと…

三田の「コートドール」でホロホロ鳥 マスタードのソース、野菜のエチュベ、いちごのスープ、キャラメルと焼き芋のスフレ他。

ランチは久しぶりにコートドールさんへ。 雑誌「専門料理」の本×料理人という特集で、こちらの斉須シェフの著書『調理場という戦場』の名前がよく挙がっていて、読み返して伺いたくなっていたのですよね。 重い扉を隔てて、内側に広がるのはハレの空間。 お…

銀座の「ぺるしぃ」で七面鳥ひな胸肉ロースト、蝦夷鹿のシチュー、山ウズラのテリーヌ、苺のムース他。

話題の映画で泣き腫らしたこの日、夜は銀座に出てお誘いいただいたジビエの会へ。 今シーズンはあまりジビエをいただいていなかったので、ありがたいお誘いでしたねえ。 やってきたのは、久しぶりのぺるしぃさんです。 シェフにご挨拶。 ドリンクはペリエを…

代々木上原の「sio」でランチコース(北海道産鴨肉スノーホワイトチェルバリーのロースト、カザレッチェのアラビアータ、蒲鉾の茶碗蒸し、馬肉のタルタル、鯖ほか)。

お昼は気になっていたお店に初訪問。 sio。 2016年から「Gris(グリ)」のシェフを務めていた方が、オーナーからお店を買いとる形で同地に今年自分のお店をオープン。 「海賊料理人」とも呼ばれるシェフの、常識をぶっ壊す哲学が痛快で気になっていたのですよ…

白金台の「アルゴリズム」でシャラン鴨のロースト 血のソース、クエのポワレ エストラゴンのソース、モンブラン ココナッツと無花果、赤カマスと玉ねぎのコンフィ他、ノンアルドリンクペアリング。

築地から雨の中をてくてくと移動して白金台へ。 ランチは2回目の「アルゴリズム」さん。 確か前回も雨でした。 店内に入ってご挨拶します。 シェフ1人、サービスマン1人の体制ですが、サービスの方が同世代(というには僕はオジサン)なので、他のお店とはまた…

三田の「コート・ドール」で小鴨のロースト ジャガイモのガレット、冷製梅干しと大葉 シソのスープ、赤ピーマンのムース、白ワインのムース。

夏メニューをいただきに三田のコート・ドールへ。 この日は実は当日連絡だったのですけど、悪天候のおかげか、 「今日は空いてます!」 と予約を入れることができました。 初めてのテーブルに着席。 この日のメニューはメインだけ肉か魚か選べたので、お肉を…

麻布十番の「Sublime(スブリム)」で発酵マッシュルームのスープ、「熊本 薔薇」、帆立貝 賀茂茄子、マコガレイ昆布締めとおかひじきのフリット、掛川深蒸し茶とまぐろ節出汁シャーベッ、的鯛のポアレ他。

お昼は初訪問のフレンチへ。 やってきたのは店舗情報では「麻布十番」ですが、正確には東麻布と申し上げた方がよろしいかもしれません。 かつて焼き魚の名店「藪原十区」があったエリアですね。 スブリム。 2015年に新橋でオープン、2017年8月にこちらへ移転…

六本木の「le sputnik(ル・スプートニク)」でランチコース(鹿肉シンシンのロースト ピオーネ 血と内臓のソース、キンメとキャベツ、ビーツの薔薇、岩牡蠣のムニエル他)。

お昼は六本木。 初訪問のフレンチへ。 ル・スプートニク。 代官山にあったル・ジュー・ドゥ・ラシエットでシェフを務めた高橋雄二郎氏が2015年に独立開業したお店。 個人的には前店を離れるギリギリ最後に伺って、新しいお店も…と思っていました、3年も経っ…

代々木上原の「9STORIES(ナインストーリーズ)」でアメリカンチェリーのミルフィーユ、カフェラテ。

代々木上原方面で用事を済ませた後、どこかで甘いものでも…ということで、このエリアで気になっていたお店へ。 9STORIES(ナインストーリーズ)。 オープンは2014年ですが、17年にフロリレージュ出身の方がシェフに就任してから方向性¥の変わった料理の美しさ…

白金台の「アルゴリズム」でブレス鳩 血と無花果と赤ワインのソース、真鯛のポアレ 焼き茄子のソース、赤足海老とマンゴスチン、エゾバフンウニ ウニのサバイヨン アールグレイのサブレ、鰯のピサラディエール。

「アルゴリズム」という言葉は、最近だとネット関係で聞くことが多いでしょうか。 一定の"公式"に従った計算によって事が進むというような意味合いで、分かりやすいところで言うと検索結果の表示順位の決まり方なんかがそうですよね。 ただ「一般化」「平均…

北品川の「カンテサンス」で南仏シストロン産仔羊ロースト、甘鯛ロースト、ホワイトアスパラのフリット アイナメソース、フォアグラと茄子、ホタルイカソテー、稚アユとグリーントマトのスープ、山羊のババロワ他。

5月31日(木)、5年ぶりのカンテサンスへ。 ミシュランが東京で始まって以来、11年連続で3つ星を獲得する言わずと知れたフレンチの名店。 前回訪問時は白金台にお店がありましたが、その直後にこの御殿山に移転。 フロリレージュに始まり、オルグイユ、アルゴ…

銀座の「ぺるしぃ」で鴨のハンバーグ、豚ロース焼き、茹であげグリーンアスパラ、焼きチョコレート他。

日中は別件で走り回っていましたが、夜は再び美味しいものをいただきましょうと銀座へ。 少し久しぶりの「ぺるしぃ」さんです。 まずはシェフとご挨拶。 本日もよろしくお願いします。 ドリンクはペリエを。 330mlと500mlと選べましたが、大抵持て余すので少…

赤坂の「シュ・マン」でロワール産ホワイトアスパラガスとアサリの軽い煮込み、仔羊もも肉のロースト 山菜とナバラン添え、人参のムースとコンソメジュレ 北海道産うに添え他。

前日からホワイトアスパラで頭がいっぱいになっていたので、お昼にいただくべく都内のフレンチを調べに調べまして。 www.lockandgo65.jp 当日予約で潜入できたお店は… シュ・マン。 2002年オープンと、比較的老舗な赤坂のフレンチ。 ランチタイムは比較的リ…

三田の「コート・ドール」でイトヨリダイのカリカリ焼き、サクラマスの燻製 キューリスパゲティ添え、自家製の生チョコレート ショコラマルキーズ他。

最近フレンチにお邪魔する機会が減っていたので、この日は久しぶりに。 コート・ドール。 去年の年末以来の4回目。 本当は冬のうちにいただいておきたいメニューがあって滑り込みのつもりでしたが、それはもう終了していましたね。 お店に入ると、ホワイトア…

北千住の「ロノマトペ」でピンクレディーを使ったタルトタタン、カヌレ。

4月29日(日)、某脱走受刑者とニアミスしつつ朝6時の新幹線で帰京。 重い荷物を抱えたまま昼過ぎまで奔走したので、ご褒美に北千住の「ロノマトペ」さんで甘いものをいただいて帰ります。 もう時期的には終わっていておかしくないメニューが残っていたので注…

表参道の「ラチュレ」で本州鹿のロースト、真鴨のテリーヌ、平目・筍・アーモンド・小松菜、ふきのとうのデセール、アナグマのリエット、蟹のタルト他。

お昼は2度目の訪問となる表参道のラチュレさん。 ジビエ時期にもう一度、という気持ちがあったのと、こちらのデセールの評判をあちこちで見たり聞いたり、気になってしまったのですよ。 www.lockandgo65.jp 前回と同じカウンター席、サービスの方がおひとり…

池尻大橋の「Lien(リアン)」で天然甘鯛の鱗焼き、フロマージュドテッド、新玉ねぎのスープ他。

ランチは池尻大橋へ。 Lien(リアン)。 パリの星付き店で修行経験もあるというシェフが、ご出身であるという青森の食材をふんだんに使った料理を提供。 カウンター内で動き回るシェフたちの動きによるライブ感と、出てくる料理の華やかな盛り付け、野菜が豊富…

北千住の「ロノマトペ」で栗とクリームチーズのブリュレ、苺とピスタチオのタルト。

北千住に移動して「ロノマトペ」さんへ。 先日はランチでお邪魔しましたが、今回はカフェタイムを狙ってみました。 www.lockandgo65.jp 前にランチタイムの軽食メニューが増えたとアナウンスがあったかと思ったのですが、この日はデセールだけでした。 それ…

京橋の「シェ・イノ」でマリア・カラス、紅白の蕪とオマール海老のサラダ、カリフラワーのムース、ワゴンデザート他。

マリア・カラス。20世紀最高と謳われるソプラノ。 その名前を冠したフランス料理の逸品を求めて、"考案者"のお店へ。 やってきたのは京橋にあるグランメゾン「シェ・イノ」さん。 1度だけチャリティーカレーのイベントでお邪魔したことがありますが、当たり…

三越前の「ラ・ボンヌターブル」で平目、ホタテ、ズッキーニのパイ包み焼き、菊芋のスープとものすごい鯖、苺・稲藁のブランマンジェ・春菊のアイス他。

当日予約で入れそうなフレンチを…と、気になっていたお店に電話したら最初のお店でヒット。 お店のある三越前・コレド室町エリアに移動します。 ラ・ボンヌ・ターブル。 2014年の春にオープンしたコレド室町の目玉のひとつとして営業を開始したフレンチレス…

広尾の「Ode(オード)」でランチコース2(川俣シャモのロースト、函館産鱈のポワレ、鰯のメレンゲ、ゴールデンキャビア他)。

フレンチ納めをしようかなと思い立ったのですが、世間はクリスマスシーズンにまさに突入しようかというところ。 どこも予約は埋まってしまっているかなーとダメ元でお電話してみると… 幸運にも最初にかけた広尾のOdeさんが 「おひとりならイケます!」 との…

【広告】