lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

LIBRAさんと東京ミッドタウンの「トシ・ヨロイヅカ」でラ・ゴルゴンゾーラ・ピスターシュ他。

オフ会をしてまいりました。
というか、またもやLIBRAさんと二人でおデートですw
今回は二人で何人か声をかけてみたもののことごとく振られてしまい、結局おデートに。
まあLIBRAさんがとにかくお茶目なので、二人でも充分楽しいんですけどねー。
 
今回はトシ・ヨロイヅカ東京ミッドタウンにある店舗へ行ってまいりました。
こちらは目の前でパティシエがライブで盛り付けるデザートをいただけるのが醍醐味。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たくいただけます。
 
11時の開店時間に入店できるように待ち合わせましたが、先客はなく。
二人で寒さに震えながら跳んだり跳ねたり、
お店の中の商品を外からガラス越しに覗いてみたり。
少しくらい早く中に入れてお店の中で待たせてくれてもいいのにー、
なんて言っていましたが、結局入店できたのは11時05分頃。
「5分も過ぎてるー」とLIBRAさんはややご立腹w
 
まずは僕は母へのお土産に焼き菓子、LIBRAさんはブロ友さんへのお土産を色々購入。
何だか店員さんの対応がイマイチ洗練されてませんでした・・・。
気を取り直してデザートへ。
 
他の方の注文したスフレがオーブンで焼かれている香りでテンションは上がる一方です。
 
まずはアヴァンデセール。
 

ケーク・オ・サレ(オリーブ入り)。
二人ともスープ的なものが出てくるという事前情報を得ていましたが、いざ出てきたのはこれ。
実はショーケースの中にあって気になっていた商品だったので、内心結構嬉しかったです。
 
オーブンで温め、一度取り出してパルメザンチーズをかけた上で再度オーブンへ。
 
ホカホカで供されます。
 

表面がサクッとしています。中はホカホカ。
黒、緑のオリーブに加え、「ピンクの何か」がたっぷり入っています。
二人でこれは何だろうと会議をしましたが、よく分からずスタッフの方に質問。
赤ピーマンと言われましたが、パプリカなのかなー?
これは結構お気に入りでした。
 
ほんのり塩気が利いていて、これから始まるスイーツタイムに向け脳が一旦リセットされる感じですねw
 

僕の注文はラ・ゴルゴンゾーラ・ピスターシュ(1300円)。
スペシャリテといいうことですが、
ゴルゴンゾーラ、ピスタチオ共に好物ですからまずは絶対コレをいただこうと心に決めていました。
運ばれてくると焼かれたパルメザンのいい香りが。
 
まずは融けてしまわぬうちにゴルゴンゾーラのアイスから。
意外にシャリシャリとしています。
甘さはしっかり抑えられて、クセの強すぎないゴルゴンゾーラがヒンヤリと味わえます。
 
ピスタチオのムースは見た目は地味でしたが、予想に反してこちらは濃厚。
 

ビスキュイの断面。
こちらも温められていてサックリと切れました。
 
お皿に散りばめられたリンゴやナッツ類、ピスタチオのソースも外れなく美味しいです。
 

こちらはLIBRAさん注文の苺のミルフィーユ(1200円)。
まずは「絶対綺麗に食べられない・・・」とポツリw
そしてピスタチオのアイスをあっという間にぺロリw
 
そして断面の撮影に挑戦しようと、いざ入刀です。
「すごーい!サクッとすごい綺麗に切れる!!すごいすごい!!!・・・あ、ダメだ。」
 

あきらめてました。
 
一口いただきましたが、こんなにサクッと軽いパイは食べたことがないですねー。
そして苺がまた美味しい。フレッシュな食感が素晴しいです。
これもライブだからこそ、かもしれませんね。
 

アリダ。
LIBRAさんがチョイスしたテイクアウト用のケーキ。
有田みかんをしようしているから「アリダ」なのだそう。
みかんのムースは爽やか、ベースのショコラ生地もコロコロとチョコが散りばめられて食感がいいです。
 

僕の追加注文、ジャン・ピエール(500円)。
トシ・ヨロイヅカに関しましてはいつもジョニーXさんの記事を参考にしているわけですが、
となるとこのケーキが気にならないわけがなくw
 
この光り輝く表面にフォークを差し込むのが楽しみでしたw
 

チョコレートのムースってあまり経験がないので、どうこう言えませんが、
とにかく甘すぎずネットリととても濃厚な印象です。
それほど苦味を利かせているわけでもなく甘さを抑えているのが新しい気がします。
 
ピスタチオのブリュレ、スポンジはもまろやかです。
 
甘さ控えめとまろやかの組み合わせですが、つまらない味にならないのが不思議ですね。
 
うーん、なるほど。重々しい風格の漂う一品という感じですね。
 
ちなみにLIBRAさんはこちら、苦手ということでw
一口勧めてもなかなか食べようとせず。
やっと一口食べても即答で「あ、だめ」。
二口目はピスタチオ部分だけ掬い取って「ここは美味しい♪」。
 
いやいや、まだまだ書き足りないくらい色々楽しく満喫できました♪
またすぐにでも行きたくなっちゃいましたよ。
 
そしてお次はランチへ。

【広告】