lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

関内の「カフェ モングー」できんかんのタルト、パンドショコラ。

この日は特に用事がなかったのですが、あまりに天気が良かったのでどこへ行こうかと。
そういえばかなり前から気になっていた穴場カフェが関内にあったなあと思い出して伺ってみることに。
 
JR関内駅のすぐそばにありまして、横浜市教育文化ホールのわきの道を入って少しまっすぐ歩いただけで着きます。
そんな立地ながら、「隠れた穴場カフェ」となっているのは、
実はコチラのお店、メインはハイセンスな奥様方向けのブティックなのです。
平日のみの営業というのも一因かもしれませんね。
 
お店の入り口に看板があるので通り過ぎずに無事みつけることができましたw
看板で今日のケーキのラインナップをチェックし、いざ入店しようかと思いますと、
なぜかドアのわきにインターホンがあり「鳴らしてください」とのこと。
鳴らすとオーナーの女性が奥から出てきてくださいましたが、僕を見て少々面食らったよう。
そりゃあそうです、コチラは奥様方向けのブティックですから。
 
しかし臆することなくお店に入る僕に「ケーキをお召し上がりですよね?」と確かめながら、
オーナーの女性は壁に寄せてある机をお店の真ん中に移動します。
「どうぞ」ということで、奥様方向けブティックの真ん中に座らされてしまった僕。
何だかシュールな光景になってきましたw
 
別に構わないのですが、ブティック目当てのお客さんが入ってきたらどうしようとばかり考えていましたよ(笑)。
平日のお昼ということもあって幸い(?)お客さんはいらっしゃいませんでしたけど。
 
ということで注文を。
日替わりで3,4種類のケーキが用意されているようですが、
お得なケーキセットはケーキ2種類とドリンクで1000円ということです。
ケーキは一つ400円か450円ということですので、結構お得ですね。
 

というわけでチョイスはコチラ。
きんかんのタルトとパンドショコラ。
 
お店の前の看板には「ガトーフロマージュ」も書いてあったのでそれを狙ったのですが、
店内にはなかったようで?注文できませんでした。
もう一種、おすすめのタルトタタンのようなものもあったのですがそちらはかなり甘そうで、
二個食べることを考えてもちょっと重そうだったので回避しました。
 
ドリンクはコーヒーがなかったのでエスプレッソにしました。
 

まず、きんかんのタルト。
こちら、かなりザックリと焼きに焼かれたタルトの上に、ネットリとしたクレームダマンドがみっちり詰まっています。
金柑は生地自体には特に風味付けされていたりはせず、スタンダードなタルトにシロップ漬けを乗せて焼いてあるようです。
いやーこれは美味しかったですよー。
濃厚な食感ですが、甘さを抑えた素朴なタルトに金柑のサッパリした酸味が後を引きます。
また、タルトの背中がザックザクでこれまた絶品でしたw
 
パンドショコラというのは(蒸しショコラのケーキ)と書いてありました。
粉を使っていないのでしょうか。
パウンドケーキというよりは生チョコに近いような舌どけですが、
生チョコにしてはふわふわのやわらかな食感です。
個人的にはもっとビターな方が好みですが、これはこれでストライクの方も多いのでは。
 
そして右下に添えられた小菓子ですが、これも手作りでしょうか。
やや固めですが、噛むと口の中にほろっと崩れまして、
意外にもこれ、甘さはほとんどない朴訥とした味でした。
 
いやいやケーキは絶品、接客も慣れない様子ではありましたが特にそつの無いもので丁寧に迎えてくださいました。
良いお店だと思いますが。
 
まあお店の方の意図としては、
自分の集めてきた服やら雑貨やらに囲まれながら趣味の合うお客さんをお迎えして、
ゆっくりおしゃべりするのにちょっとケーキと飲み物を出そうかしら、
みたいなカフェなのではないでしょうか。
接客やら何やらには全く問題はないのですが、やや居心地の悪さを感じてしまいました。
 
母と一緒に行くとちょうどいいかなーとか考えながらw
そうまでしてもう一度行きたくなった店でもあります。

【広告】