lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

広尾の「ル・スフレ」でヴァニラのスフレ。

この日は赤坂で用事でしたが、帰りに少し足を伸ばして気になっていたお店へ。
 

おなじみのイラストですね。
そうです、広尾のル・スフレに行ってまいりました。
 
席を離れぬよう注意していたり、小学生以下は入店不可にするなどこだわりの感じられるお店です。
 
この日は雨降りの平日の13時頃でしたので、先客は一組のみ。
ランチを終えた風の奥様方がティータイムでおしゃべりに華を咲かせていらっしゃいました。
店内はガラガラでしたが、何故か奥様方の隣の隣の席に案内されました。
 
注文を済ませ、先ほどのスフレの食べ方を入念に読み込んだり店内をキョロキョロと見回して待ちます。
 

まっつんさんが目を付けていらっしゃった気になるメニューw
上級者向けですねw
 
こちら普通のメニューも豊富ですからね、次回はどれにしようか迷ってしまうでしょうね。
今回は一番基本と思われるヴァニラのスフレ(1050円)にしました。
 

まずはソースから。
銅鍋がレトロです。
 
キョロキョロしている最中に気がつきましたが、
案内された席は厨房の真正面だったので厨房の奥の奥まで覗き見ることが出来ました。
わざとその席にしてくれたのでしょうか?
 
先客の奥様方はもう食事を終えられていますので、恐らくオーナーシェフと思われる貫禄のある男性が僕のスフレを準備してくださっていました。ラッキーです。
期待が膨らみますね。
 
ちなみに確認できただけでも厨房に4人、ホールに2人いらっしゃいましたから、
お客3人に対して随分手厚いサービスになってしまっていますねw
 

さあさあスフレの登場です。
 

ちゃきちゃきと写真を済ませますw
 

はい、ガッと真ん中に穴を開けまして、ザッと混ぜたソースを、ダーッと。
いただきます。
 
スフレというものは蒸し焼きのチーズケーキくらいしか食べたことがなかったので、ほぼ初体験でした。
こういうものなんですねー。
やさしい味にやさしい食感。
濃厚なソースと共に、萎んでいくシュワシュワとした感覚が口の中に広がります。
 
この日は冷え冷えとした雨の中をはるばる歩いてまいりましたので、またこの温製デザートというのも身体が喜びますねー。
 
ゆっくり味わって食べたい派の僕としては苦手な類のデザートではありますが、
やはり美味しいものは美味しいですね。
値段が値段ですからしょっちゅう来るわけにもいきませんが、また色んなソースを味わってみたくなりました。
また一回目より二回目の方が気持ちに余裕をもって上手に味わって食べられそうですしねー。
 
いやいや美味しいスフレでした。

【広告】