lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

芝公園の「ル・パン・コティディアン」でピスタチオとフランボワーズのムースのケーキ。

パスターヴォラで昼食を食べた後、実はコーヒーでも頼んでまったりしようと目論んでいましたが、
想像していたタイプのイタリアンではなく、全然食後の余韻を愉しむ雰囲気ではなかったので、
どこかのんびりするおみせを探すことに。
 
日頃のストレスからか、妙に攻めのブロガーになってきていますねw
 
というわけでやってまいりましたのは、東京プリンスホテル前にあります、
ル・パン・コティディアンさんです。
最寄り駅は御成門駅芝公園駅、大門駅・・・等様々だそうですw
 
こちらはベルギー発祥のお店だそうで、日本では第一号店だそうです。
確かに向こうっぽいパンが並ぶベーカリーでした。
お店の前には割と広めのテラス席があり、冬にテラス席でケーキか・・・と躊躇っていたところ、
どうやら中にも奥の方に席はあるようで。
 
さっそくお店の奥の方に進んでいくと、予想外に広大で、
オーガニックがコンセプトのお店のようでありまして、まるで森の中にいるような錯覚を覚えました。
 
時間的にランチを楽しむ奥様方が多くいらっしゃいましたが、オーガニックなパンの盛り合わせと、
馬鹿でかいプレートに山盛りにされたサラダなどが人気メニューのようで、
向こう感覚のボリュームに皆さん嬉しい悲鳴をあげていらっしゃいました。
 
パンの盛り合わせも大した量でしたが、とても美味しそうで、食べ切れなかった分は持ち帰れるのだとか。
ジャムやペースト類も充実しているようで、僕もいつかランチ利用してみたくなりました。
ホテルの目の前ということもあってか、モーニングもいただけそうです。
 

僕が注文したのはこちら。
ピスタチオとフランボワーズのムースのケーキ(550円)。
 
本当はこちらのモンブランを狙っていたのですが、この日はランチをガツッと食べた後でしたので、
比較的軽そうなこちらにしました。
今年のテーマは、モンブラン以外にも挑戦していく、ことでしたし。
 
「新メニュー」と書いてあったのでお店の方も慣れていなかったのか、
最初に全然違うケーキを持ってこられましたが、
これ違うんですけど・・・、とちゃんと伝えて正しいケーキをもらえましたw
 

見た目にとにかく鮮やかなケーキですよね。
 
味も見た目に違わずはっきりとしていて、ピスタチオもフランボワーズもしっかりと感じられました。
特にピスタチオの濃厚さが期待以上でした。
ピスタチオとフランボワーズの組み合わせって、フランボワーズに負けてピスタチオがよく分からないことが多い気がしますが、
こちらのケーキは全然負けていませんでした。
 
まったり濃厚なピスタチオとさっぱり甘酸っぱいフランボワーズ、王道の組み合わせを正しく味わうことができるケーキでした。
 
ベースのスポンジ生地は変に乾燥してパサパサというか、それも通り越して固まっていたのが残念でしたがw
朝から営業している店ですから、その辺が影響しているのでしょうか?
 
いや、しかし他のケーキもどれも美味しそうでした。
タルト系が豊富で、本業はパン屋さんということもありますし、見るからに食感が良さそうでした。
目当てのモンブランもどうやらベースはタルトでしたし、食べるのが楽しみです。

【広告】