lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

押上の「spice cafe」でペアカレーランチ(ラッサム、ラム、トマトとホウレン草のココナッツカレー、サンバル)。

最近は少しずつ僕が連れ出して外食を楽しむようになった母ですが、基本的にはお出かけにお金をかけること自体好まない性格です。
そんな母もたまには興味を持つ店があるようでして。
今回もそんな店の一つ。
・・・とはいっても、興味を持ち始めてから一年以上経っている気がしますw
興味があるにはあるものの、外食は面倒なようで。
この日は近くに用事で行きましたので、なんとか訪問。
 
押上にあります「spice cafe」です。
こちら下町の中にあって、未だにインドを旅しては修行を続けているご主人が拘りに拘りぬいた本格インドカレーを味わえるカフェで、
その拘りは料理に留まらず、内装や食器なども雰囲気は抜群。
 
ただ、「店主修行のため」の休業が多すぎるのが難点w
 

まさしく下町情緒漂う中、鎮座ましましております。
ほ、本当にカレー屋さん?と不安になりますが、周囲には確かにスパイスの香りが。
 

こんな裏道を入っていくような入り口。
なんだかとトトロの世界のようです。
人気の無い古民家に忍び込んでいくような気持ちになります。
 
まあお店に入ると人気に溢れていましたがw
 
サラダ、カレー一種、ミニデザート、ミニドリンクのカレーセット(950円)、
カレーがハーフサイズで二種類選べるペアカレーセット(1350円)、
本日の前菜盛り合わせ、デザートが付くコース(2000円)の3つのメニューがあります。
 
カレーはレギュラーの4種類と本日のカレー2種から選ぶのが基本のようですが、
この日はレギュラー3種、本日のカレー3種が用意されていました。
コースも魅力的ですがカレーが一種類ということなので、
せっかくなら色んなカレーを味わうため二人ともペアカレーセットに。
 

まずはミニサラダ。
量は控えめ、フワッと盛ってあるので見た目以上に少ないですw
ビネガーは使われていないようで、塩コショウ、オリーブオイル、少量のパルメザンチーズがかかっただけのシンプルな味付け。
でもよく冷やされてシャキシャキとしたこちら、なんだかとてもセンスがあります。
 
サラダを食べ終わる頃にはカレーの登場です。
 

まずはライス。
僕は少なめでお願いしましたが、それでも充分すぎる量。
よく食べる母は普通盛りでしたが「食べきれないかも・・・」と一言。
ちなみに大盛りも無料だそうです。
 
添えられているキャベツは、甘めのピクルスのようなもので、口直しにピッタリのさっぱりした味でした。
 

カレーはこちら。
左上から時計回りにラッサム(辛口)、ラム(辛口)、トマトとホウレン草のココナッツカレー(甘口)、サンバル(中辛)。
左端の小鉢二つは小松菜のスパイス和え・アチャールとインド風ポテトサラダ・アルアチャールというものだそうで・・・名前あってるかな?w小鉢は以外に味が薄くて存在感がなかったような。
 
母はもともとテレビでラッサムを観て興味を持ったのだそうですが、
ラッサムをやたら大絶賛していました。
確かにトマトジュースのような爽やかなトマトの香りがふわーっと広がるカレーです。
辛口ということですがそれは全く気にならず、物足りないほど。
ですがスパイスはしっかり効いています。
 
ラムは「ラムのクセが苦手でない方にはおすすめ」と言われましたが、特にクセは感じられず。
ビーフと言われれば気付かないレベルにホロホロに煮込まれていましたし。
 
ココナッツカレーはとてもまろやか、時間差でとても濃厚なココナツミルクの香りが頭の中に充満します。
これ僕はかなり気に入ったのですが、もう少し辛ければさらに好みですね。
甘口というだけあって、もちろん砂糖の甘さとは違うのですがかなり甘め。
アクセントにスパイスがピリッとスパイスが効いてくれたりしたらなー・・・なんて。
まあ本場の味に拘るご主人には口出しできないですがw
 
サンバルは豆と野菜がゴロゴロ入ったカレー。
これはウチで作るのに似てるねーなんて勝手な話をしながらいただきましたw
 
全体にスパイスがしっかり効いていますが、その手のカレーに多い「スパイスだけでコクがない」なんてことは全くない、どれもとても満足度の高いカレーでした。
素人のイメージですが、
ラッサムはカルダモン、ラムはコリアンダーとカルダモン、ココナッツカレーはココナッツミルク、サンバルはクミンとターメリック
をそれぞれ強く感じました。
 
それぞれ違ったスパイスが強調されているので、最後まで飽きることなく逆にもっと食べたくなるようなかれーになっておりました。
 

ちょっと色々ありましてサービスされたデザート。
マンゴーのムースとチョコレートのケーキ。
 
ムースはふわっふわに軽くマンゴーの甘みが爽やか。
チョコレートのケーキは粉を使わず湯煎だけで作られているのではないでしょうか。
ねっとりした食感で、こちらもとても美味しかったです。
 
デザートとドリンクがセットのカフェ利用も出来るようで、デザートもかなり本格的で豊富なメニューが揃っています。
 

こちらも通常ランチに付くコーヒーのサイズではないものをサービスでいただいた模様。
申し訳なくなるくらいサービスしていただきまして・・・。
コーヒーもとても美味しかったです。
「さすがインドだねー」と母w
そして容器も凝っていますよね。
 
お店の外装から内装、店員さんの対応にお料理、確かに全てに拘りの感じられる手作り的雰囲気がとても居心地のいいカフェでした。
もっと近かったら頻繁に通うでしょうが、この距離でも再訪はしたいと思うほどです。
 
ちなみに母は「次回はカレーセットでラッサムをフルサイズで食べる」というほどにラッサムの虜に(笑)。
帰り際にわざわざ厨房のご主人に「前にテレビで観てからずっと来たいと思い続けて・・・」とアピールしていましたwそういう母ですw
 
というわけでおすすめはラッサムです。
確かにどこよりも本格的な、爽やかなスパイス香るカレーで美味しかったですよー。

【広告】