lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

外苑前の「フロリレージュ」でお祝い。

「お祝い」をしていただけるということで、LIBRAさんに行きたいお店を選ぶように言われましたが、候補が思い浮かばず・・・。
「お祝いに相応しいお店」の候補をまっつんさんにリストアップしていただくことに。
その中でとても惹かれたお店をチョイス。
東京一予約の取れないとも言われるお店でしたが、Chocoさんが奇跡的に予約を取ってくださいまして、4人で行ってまいりました。
 
まあ当日までの流れをざっと言えばそんな感じですが、もっと言えば色々ありましたw
 
いやーしかし、いい値段するフレンチなだけあって写真数が多すぎまして、どうアップしてよいやら・・・。
惜しみつつかなり写真は選別して上げるしかないですね。。。
 

アミューズのオリーブオイルを浸み込ませたブリオッシュ。
ほの温かいブリオッシュは中はとろりとした食感で、フレンチトーストにも近いような一品。
上に乗っているのは乾燥させたグリーンオリーブなのだそうで。
 
見た目のインパクトからすると味は印象に残りませんでしたが、アミューズとしてはちょうどお腹にスイッチが入るくらいかもしれません。
 

駒場東大前の「ル・ルソール」から特注で仕入れているというパン。
お料理に合わせて異なる種類のパンを少量ずつ出されます。
 
僕はパンはいつも少量しか食べずに残すためお代わりがサーブされることはないのですが、こちらでは前のパンが残っていても次を出してくださるのが嬉しかったです。
 

前菜はこちらのスペシャリテ、フォアグラとメレンゲコントラストをチョイス。
ヘーゼルナッツのメレンゲ、パン粉のように見えるものもヘーゼルナッツを砕いたものだそうです。
さらに一番左のナッツをアップルタイザーでマリネしたものがお皿に乗って登場。
テーブルで一人分ずつフォアグラを取り分けてくださいますが、これが凄いボリューム。
 
「フォアグラを一口サイズにカットして口に入れたら、間髪入れずにメレンゲを手で召し上がってください。」と食べ方を指導されます。
フォアグラのポワレはフレッシュで単体でも充分に美味しいのですが、メレンゲの甘さで脂臭さが見事に消され洗練された味付けをしているようなイメージ。
 
一つはアップルタイザーのマリネの酸味も加えることでさらにアクセントに。
このサイズのフォアグラをいただけるだけでもかなり贅沢ですし・・・。
 
続いてメイン。
こちらのお店はメインの食材をチョイスすると、その食材を2種類の調理で二皿に分けて提供してくださいます。
いつもなら魚チョイスの僕ですが、さすがにまたとない機会ですから肉を選んでみることに。
内臓料理にしてみました。
 

牛ハツの低温ロースト、玉ねぎとバジルのソース。
「カンテサンス」出身のシェフとあってやはり低温ローストの火入れが絶妙、色合いが芸術のような鮮やかさです。
 
ハツは弾力のある噛み応えで、「厚みのあるタンみたい」とはまっつんさんの評。
ソースは玉ねぎの甘みがしっかり感じられ、肉汁も使っているのかグレービーソース的なものでした。
蕪はとろっとろのやわらかさで、みなさんには「やわらかすぎる」と不評でしたが個人的にはかなり美味しかったと思いますw
 

メイン二皿目はシビレのソテー、ブーダンノワールのソース。
ここまでで一同かなり満腹状態だったので身構えましたが、こちらはポーション控えめだったので一安心。
シビレというのは牛の胸腺やすい臓の部分だそうで、プリッとした脂身たっぷりの部位でした。
濃厚なブーダンノワールは好みの分かれそうなソースですが、わざわざ「内臓料理」をチョイスするような人ならみなさん好きなのかもしれませんw
 
デザートは柿のデクリネゾンに。
 
Chocoさんに「デクリネゾンって何?」と聞かれたので、色々な調理法で盛り合わせみたいに出すものみたいですよ、とかなり的確に説明したつもりだったのですが何故か「色々って何?」とみなさんに笑われてしまいました・・・w
 

フレッシュな柿に柿のシャーベット、さらに下には柿の焼きプリンが隠れています。
 

そして柿のジュースまで。
 
ね、色んな調理法で盛り合わせ的に出てきましたよw
 
驚くべきは柿の種。
これ食べられるんですよね。
キャラメリゼしたナッツのようになっていて美味しかったです。
 
「柿の種を食べる」というあたりにシェフの洒落っ気を感じますw
LIBRAさんのチョイスしたメインのアグー豚に「豚だけにパールオニオンを添えて・・・」という説明がありましたが、サービスの男性を問い詰めると(?)、
「パール・・・「真珠」ということで・・・シェフにこれだけは言えと言われておりまして・・・」とのことw
お客さんを楽しませることが好きな方なのだということが伺えますよね。
 

ほおずきの砂糖がけ。
 
ほおずきって初めて食べましたが、なんだか枇杷に近いような食感でしたが完熟というかとてもジューシーでした。

コーヒーは器もこだわりが感じられるものでした。
もちろんとても美味しかったです。
 
さすが、この値段を出すとこんな時間を過ごせるのか・・・と。
料理を食べるだけでこんな気持ちになれるのか、と思ってしまうような全身に満ち溢れる満足感でした。
 
でまた「お祝い」ということでご馳走していただいてしまいまして・・・。
本っ当にありがとうございました。
感謝感謝でございます。
 
まあみなさんそれぞれに単純に料理を楽しんでいらっしゃって「あ、そうか。お祝いだったんだね。」みたいにすっかり忘れていた空気感ではありましたがw
これほどの食事をする機会は後にも先にもまずない気がします。
というのはきっとお料理はもちろん、極上のメンバーで過ごせたということにも尽きるように思います。
ありがとうございました。
大変幸せな時間でした。

【広告】