lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

オデオン駅近くの「ジェラール・ミュロ」でヴィエノワ・ナチュール、ブリオッシュ・ナチュール、ショソン・オ・ポム。

ついにパリで一日過ごせるのは最終日。
パリで食べたいと思っていたものは前日までで一通り食べられたのでこの日は好き勝手に思いつきで色々食べることに。
 
まずはホテルのバゲットとクロワッサンが美味しかったので一つずついただいてから出発。
 

ホテルの向かいのパン屋さんでクロワッサン・オ・ブール(2.0€)を購入。
 
前日サラダにフォークを付けてくれた良心的なお店ですw
朝6時とかでしたが、深夜の労働を終えたイカツイ若者たちが集まっていてちょっと怖かったですが、怖そうでもそこはパリっ子。
パン・オ・ショコラ一つ。」と注文して早速美味しそうに頬張っていましたw
 

僕の購入したこちら。
わざわざ「ブール」と名前に付けているだけあって、他で食べたものよりバターがジュワジュワたっぷりに感じられました。
 
イカツイ若者がショウケースのみの狭い店内にたむろしてパンを食べているようなお店ですからあまり期待していなかったのですが、期待しないで食べた分感動も大きかったです。
 
この後メトロでオデオン駅まで移動。
6:45オープンの人気パティスリーがあるということで行ってみることに。
ちょっと迷いながらも7時前に着きました。
 
しかしさすがにまだパンを並べている途中でケーキ類はなく。
お店の方に伺うとケーキは10時か11時くらいなのだそうで・・・。
 
気を取り直してパンをいただきましょう。
 
 
ヴィエノワ・ナチュール、ブリオッシュ・ナチュール(価格は忘れました・・・。)。
 
ヴィエノワはややパサついていましたが、表面の砂糖掛けがサクッとした食感になっていて面白かったです。
ブリオッシュもやや乾き気味。
 
一度お店を出たものの、時間や次の目的地のことを検討した結果(?)もう一つパンを買って食べ歩くことに。
 

ショソン・オ・ポム。
 
これも時間が大分経過していそうなパンでしたが、意外にざっくりした食感の残っている箇所もあってなかなかおいしくいただけました。
 

歩きながら食べていたので一枚目と照明具合が全く違って全然美味しそうに見えない断面にw
というかカレーパンに見えますねw

【広告】