lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」で蒸し穴子、大根とがんも。

本日9月28日土曜日も朝は築地へ。
先客は関西からいらっしゃったと思われる、これから某有名ネズミキャラクターの遊園地に行く予定のご家族。
ジローさんが丁寧に行き方、遊び方をレクチャーしていらっしゃいましたが、実は結構ジローさんもお好きなようで。
「いいなー行きたくなっちゃった。」なんてぼやいていらっしゃいましたよ。
 
「今日は穴子がいいよー。」とのことだったのでそちらを。
「本当にいいよー。」と何度も言われました。
 

蒸し穴子でしょうか。
以前にもいただきましたが、ここまでボリューミーではなかったはずです。
 

てろーんと垂れ出ています。
 
ふわふわにほどける純白の身の裏にはとろんとやわらかな皮。
タレはいつもよりマイルドな印象でした。
 
ワサビを乗せていただくと穴子の旨みが引き立ちます。
 
「美味しいでしょー。やわらかいでしょー。穴子はこうじゃなきゃね、こうじゃなきゃ穴子じゃないよ!」
こんな穴子を食べたら普通の穴子が物足りなくなってしまいますねー。
 
大きくても大味ではなく、上品な旨みがほんのり香しい穴子でした。
 

小付は大根とがんもの煮物。
おでんのようなお出汁でした。
 
大根は割としっかりした食感ですが、芯まで出汁がしみしみ。
がんもは見たまんまジュワッと出汁が浸み出るほどしみしみ。
 
この後は席が埋まってきてしまい、お次のお2人様が入れなくなってしまったので早々に退散。
 
また伺いまーす!

【広告】