lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「天房」ではぜ天、きゅうりヌカ。

ではでは築地を後にしようか、もう少し何か食べようか迷っていますと・・・
 

天房。
築地場内の天ぷらのお店。
天ぷらのお店と言っても、天丼系のメニューが中心です。
 
気になったのは店頭に貼られた「はぜ天」の紙。
先日会社の先輩とはぜについて話したばかりだったので、これは食べておこうと。
 

まずは濃い目のお茶。
油物ですからこれくらいがちょうどよかったりするのかもしれません。
 
注文はきゅうりヌカ(200円)とはぜ天(500円)。
ちなみに、「きゅうりの糠漬け」と言っても通じませんでしたが、「きゅうりヌカ」と言ったら一発で聞き取ってもらえました。
注文される際は要注意です。
 
10分と待たずに登場。
 

待つ間に糠漬けをつまもうと思っていましたが、同時に来ました。
 

きゅうりヌカ(200円)。
わりとクセの強い糠漬けです。
深めの漬かり具合で好みは分かれそうですが、個人的には結構好きでした。
 

メインのはぜ天。
はぜ天が2つにしし唐が1本。
 

カリッとした衣は薄いとも厚いともつかない軽い食感。
どちらかといえば薄めですが高級店の薄さほどではない、庶民的な天ぷらといった感じ。
香りも少なく主張は少ない衣でした。
 
はぜは薄いながらもホクホクッとした白身。
鱚ほど繊細でなくちょっとぷりっとした感じもあります。
 
一見厳しそうな女将さんですが、とっても優しく丁寧な接客でした。
また伺って、天丼系もいただいてみたいです。

【広告】