lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

北小金の「バックシュトゥーベ・ツオップ」でほうれん草ベーコンチーズのリュスティック、ドライカレー、パンオフリュイ、他小ネタ(ドモーリのチョコ、ギュベエッジ)。

バックシュトゥーベ・ツオップでも色々購入。
ですがカメラの関係で厳選して(?)ご紹介。
 

ほうれん草ベーコンチーズのリュスティック(350円)。
お値段は張りますが、それなりの大きさのあるパンです。
ベーコンの塩気がベースになっているインパクトのある味。
ほうれん草は色味だけでなくちゃんと味がしました。
チーズはパルメザンチーズが表面にたっぷりで香ばしかったです。
 
パン生地はほうれん草の水分が浸み出てモチモチ感に拍車が(?)かかっていました。
 

ドライカレー(手前)(160円)、パンオフリュイ(奥)(270円)。
 
ドライカレーは挽肉がポロポロにほぐれたもの。
既製品のカレー粉を使っている気がしますが、適量より多めに使っているのかかなり濃い味、塩気も強いです。
 
パンオフリュイはブルーベリー、クランベリー、胡桃の入ったバゲット。
さらにクリームチーズも加わったハーモニッシュというパンを食べた際に、クリームチーズはなくていいかもと思った記憶があります。
やっぱりクリームチーズはなくていいかもしれません(笑)
生地もドライフルーツ、ナッツも風味がよく感じられますし、バゲットのクラム、クラスト両方の食感の良さも生きています。
 
以下、ちょっと小ネタを。
 

ドモーリ社のチョコ。
母に「バレンタインのチョコは何がいい?」と聞かれたのでこちらをリクエスト。
 
自社農場を持ち、カカオ豆の生産、発酵、焙煎からチョコレートになるまでの全工程を行うというこだわりぶり。
いつも参考にしているブロガーさんが絶賛なさっているので気になっていたのですよね。
 
大衆受けを狙ったような甘さや華やかな風味を付けておらず、あくまでカカオが濃厚なチョコレート。
チーズのような芳醇な香りの膨らみがあります。
ワインにも合いそうな気がするなー、、、というのは下戸の想像ですけど。
 
じわじわハマってきました。
購入できるお店がかなり限られているのが残念。
僕が調べた限りでは、関内のイル・フェリーチェ、代官山のノンナアンドシディというお店しか分かりませんでした。
売っているお店を知っている方がいたら教えてください。
 

ギュベエッジ。
実家で作った「トルコ料理」です。
 
昨年母がトルコ旅行に行って以来しばらくトルコ料理にハマっていたのですよね。
トルコ料理のレシピを見るとよく見るのが「サルッチャ」というトマト缶。
「イタリア産のトマト缶でも代用できますが、できればトルコ産のトマト缶を取り寄せて使ってください」と書いてあるものが多いので気になっていました。
輸入食材屋さんを色々巡ってもみつかりませんでしたが、近所にあるケバブ屋さんの裏にトルコ食材専門店があってそこで発見!
 
すっかりトルコ熱の冷めた母に「作って」と言われて今回僕が作ることになりました(笑)
具の大きなラタトゥイユのような感じでしたが、何といってもサルッチャが味の決め手。
トマト何個分使っているのか気になる濃厚なトマトペースト。
スープやソース、カレーの隠し味などなど、なかなか使い勝手のよさそうな食材です。
近所で買えるのでたまに買ってみようかと思います。
おすすめです!

【広告】