lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

北小金の「ルーエプラッツ・ツオップ」でライ麦パンを楽しむプレート。

昼過ぎに自宅に帰るのは久しぶり。
珍しくインドアでゆっくりしてもよかったのですが、一応この日はゴールデンウィークの最終日でしたしアクティブに再び出かけることにしました。
 
というわけでツオップに来てしまいました(笑)
15時過ぎに着いたのでさすがに空いているのではと高を括っていましたが、お店の前にはパン屋さんに並ぶ列が30人以上。
恐る恐る2階のカフェを覗くと、ちょうど1席は確保出来そうでしたのでお邪魔していくことに。
 
注文はライ麦パンを楽しむプレート(1250円)。
ライ麦パンの盛り合わせにザワークラウト、ソーセージ、マッシュポテトが付きます。
ランチメニューにはスープも付きます。
 

 
全てライ麦パンだそうです。
ツオップのライ麦パンはハードすぎないやわらかなもちもち感で、酸味も少ないものがほとんどで、食べやすいものばかりですね。
 

春のロールブロート(ソラマメ、サクラエビパルメザンチーズ,etc.)とゴルゴンポテトもスライスで乗っています。
この辺りは味が濃いです。
 

こちらがプレート。
本来豚のリエットが付きますが、この日の分は終了してしまったということで他のものから選んでください、とのこと。
似たところでレバーペーストでお願いしました。
 

ソーセージは結構ボリュームがあります。
加熱することでじゅわりと溢れる脂の風味が強くなっています。
 
すっかりドイツ気分のセットでした。
 

スープはトマトとベーコンとバジルのスープ。
バジルがとっても香ります。
 
時間的な関係か曜日的な関係か、いつもの日曜朝とは違った店員さん方、それも新人さん中心で回していらっしゃいました。
まだ入って1か月ほどの方もいると思いますが、しっかりしていらっしゃいますねー。
 
ではでは、1階のパン屋さんの列はどうなっているでしょうか。

【広告】