lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

札幌中央市場の「お食事処 菊水」で鯖味噌煮定食、玉子焼き。

ネット情報では、日曜朝7時半から札幌中央市場の定食屋さんが開いているようだったので戻ってみました。
 

お食事処 菊水。
開いてる開いてる!・・・というかお店に入っていると「6:30~」と書いてありました(笑)。
 
札幌中央市場場外市場にあります。
他にもお寿司屋さんや中華、ラーメン屋さんはもちろん、スープカレーのお店もありました。
 
休市日ですし、魚というより「市場の定食屋さん」を求めてこのお店を選びました。
 

カウンターの奥行がちょっと広めに感じられます。
 
カウンター上には「おばんざい」風に一品料理や定食のメインとなる焼き置き、煮置きの魚が並べてあります。
 
銀だら、塩サバ、塩鮭と冷凍物っぽいメニューが並んでいます。
テレビでは日曜朝のワイドショー。
うーん♪いい雰囲気。
 

鯖味噌煮定食(780円)。
レンジで温め直していたと思いますので、ささっと出てきました。
 

ごはんは少なめでお願いしましたが、これが少なめなのか忘れられてしまって普通の量だったのか分からないくらいの盛りでした。
 
タイミングの問題もあるのかもしれませんが、ふっくら炊きあがったご飯は築地より美味しかったと思います。
 

小鉢は茄子の揚げ浸しとニラ玉。
これ系が美味しいところが市場の定食屋さんぽさを感じさせます。
 

メインの鯖の味噌煮。
煮汁がなみなみと注がれています。
 

結構厚みがあります。
 
裏返すと皮目が結構離れていました。
皮目も好きなのでちょっと残念。
 

骨までやわらかくしっかり煮てありましたが、身から脂が抜けきらずじゅんわりとろけました。
 

玉子焼き(200円)。
せっかくなので一品追加。
作り置き中心のお店でしたが、これは注文から卵を2つ割って作り始めていらっしゃいました。
 
玉子焼きというよりオムレツっぽいビジュアルですね。
 

食べるとサラダ油のたんぱくな味わいが広がります。
しっかり火の通った玉子焼き。
卵のコクはほとんど感じられず、焼けた香ばしさが鼻を抜けていきました。
 
雰囲気も料理も大満足の朝食でした。
 
平日はその日の新鮮な魚を使ったメニューもあるのでしょうか。
刺身なんかも気になります。
また機会があったら伺いたいです。

【広告】