lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「魚竹」でさわら塩焼き。

お昼は築地で狙っていた平日のみ営業のお店に行ってみましたが臨時?休業中。
もともと迷っていたもう一つの選択肢のお店へ。
 

季節料理 魚竹。
築地本願寺正面の路地を進んだところにあります。
ターレットコーヒーの一本隣の道かな?
 
平日のみの営業なのでようやく初訪問です。
界隈で働く方に嬉しい、ほっこり和定食がいただけるお店です。 
 

店内はやっぱりほとんど近隣で働く方・・・というより僕を除いて全員そのようでした。
 
ごはんは大盛り、おかわり自由でしたが、大盛り注文率がかなり高めな印象。
「おかわりするから普通盛りで」とか大盛りにしたのにおかわりする方もいらっしゃるほど。
 

ワカメとしらすのさっぱりした酢の物と白菜漬けが一口ずつ。 
 

やや遅れて登場のメインは、さわら塩焼き。 
提供時間的に、あらかじめ焼いたものを焼き直して出しているようです。
 
すっきりした良い色!
黒いお皿の方が白身が映えたかもしれませんが、これはこれで爽やかですね。
 

皮目はほどよくパリリ。
身は締まっていますが、噛むとしっとり。
酸味にも近い旨みが流れ出ます。
 
場内でいただく高額メニューとはまた違った良さがあります。
さわらが美味しい、というより、焼き魚ってやっぱり美味しいなあと感じました。
魚の美味さでご飯を食べるというより、魚・ご飯・魚・ご飯と掛け合いを楽しむイメージ。
 
それほど大きな切り身ではありませんが、みなさんご飯をモリモリ召し上がるのはそういう理由かもしれません。 
 

ついかで中落ちを。
メニューには書いてありませんでしたが、3割ほどのお客さんが中落ちか漬けを追加されていました。
 
結構大きめのカットも混じっていて見た目より満足度高いです。
 

脂は濃くてとろけますが、マグロの味や酸味としてはやや物足りないかな。
この辺は好みによるところが大きいかもしれません。
 
というかこのとき僕のマグロ欲は「漬け」寄りだったのかも(笑)。
パッと「中落ちも追加で!」と注文してしまいましたが、入念に練るべきでした。
 
派手さはないのになぜだか心をギュッと鷲掴みにされる、満足ランチでした。

【広告】