lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「河岸頭」で刺身盛り合わせ、ハタの兜煮。

やってきたのは築地場外の河岸頭。
休市日の日曜日は通常お休みですが、三連休の中日に当たる場合は営業されるのですよね。
 
来てみればどなたかはいらっしゃるだろうという軽い気持ちで参りましたが、既に6人でスタンバイしていらっしゃいました。
 

温かいお茶をT様が注いでくださいました。
心なしか、温度より温かく感じますよ。 
 

恒例の鱈チップスをパリポリ。
 
いよいよ刺し盛りが登場・・・というタイミングで築地の巨匠がご来店Σ(=゚ω゚=;)
半ば強引にお誘いしてご一緒させていただくことになりました。
 

刺し盛り。 
マグロ、クエ、鰆、ブリ、めばる、マツカワとそのエンガワ、水蛸、赤貝。
 

こちらがマツカワのエンガワ。 
意外にさっぱりした脂。
ぷちゅっと弾けてコリコリ歯応え。
 
身の方は舌触りが滑らかで濃厚。
旨みも濃いですねえ。
 

マグロはバターかクリームのような。
濃厚にとろけます。 
 
かなり特徴的なマグロでした。
実を言うと、最後に一切れマグロがお皿に残って「まだ食べてないのは誰か」という話になったのですよね。
結局ある方が召し上がったのですが、口に入れて開口一番「ああ、これは食べてなかった」と仰ったのが印象的でした。
こちらはいつも他では食べられないマグロを出してくださいますが、この日もまた変わったマグロでしたね。
 

ハタの兜煮。
さすがに8人向けには用意していなかったと思いますが、8人でも十分楽しめるボリューム。
 

えらくいかつい面構え。
皮目はじめゼラチン質がたっぷり。
大型魚の兜の醍醐味ですね。
 

身はしっとりしてふっくら。
皮目ばっかり食べていたら身はあまりいただきませんでしたけど(笑)。
 
この後お腹が満たされなかった何名かは〆の丼を追加。
「壁ドン」ならぬ「〆ドン」でございます。
 
いやいや、一同大満足。
満足しつつではありますが、〆ドンを2杯召し上がった巨匠にくっついて一同2軒目を目指します。

【広告】