lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

高円寺の「あげもんや」でアジフライ、小海老のフライ、玉ねぎ、おくら、なす。

この日の大本命アジフライをいただきにやってきたのは、高円寺・あげもんや。
築地を離れて麹町を挟みつつひたすらてくてくでした。
 
前日も話題に挙がった「築地アジフライ四天王」の一角を担った旧・豊ちゃんの揚げ手だった方のお店ですから、期待大です!
 

アジフライだけ、というのもなんですし何を追加しようかなと入店。
 

先客は0名でちょっと心配しましたが、この日は後から3名お客さんがいらっしゃいましたよ。 
 

アジフライ(300円)、小海老のフライ(200円)。
意外にも先陣を切って登場したのはメインの1皿。
 
せり立った鯵の尾が勇ましいです。
 

パン粉1つ1つもビシッと決まっています。 
サクッと軽い食感。
 

鯵は大きさこそ普通なものの、身の厚いこと。
巨匠の言葉を借りると「ふっくら」しています。
 
そして鯵の味。
そうなんですよ、「築地のアジフライ」って鯵の味がするのですよ。
そして鯵ってこんなに美味しい味だったんだ!と改めて感じさせてくれるのですよ。
・・・と頭の中で「アジ」「アジ」「アジ」「アジ」渦巻きます。
 

小海老のフライは新メニューでしょうか。
ぷりぷりの小海老が3つ。 
 

中華のエビマヨっぽい感じ。
タルタルにマヨネーズと酢が入っているのも合わせて、よりそちら方面の印象になっています。
 

たまねぎ、おくら(各200円)。
気になっていた野菜メニューも追加。
 

たまねぎは根側のスライス一枚分。
カツ丼、ポテサラ、カレー、他の料理に使わない部分をフライにしているのかな?
予想通り、甘みがあって美味しいです。
 
オクラはネットリ粘り。
 

なす(200円)。
なぜか1つ別皿提供・・・と、意外な揚げ方で登場しましたね。 
 

パン粉揚げでなくフリット液に漬けて揚げて、薄く衣を纏わせた形になっています。 
なんだか辛子レンコンの表面みたいな感じ?(笑)
 
なすを揚げるというと、油が浸みてとろーり甘ーいものを想像しましたが、こちらは生のなすのようなシュクシュクの食感。
でも火が通っていないわけではなくて、溢れ出すなすの水分は中心まで激熱。
 
こ、これは何なのだろう・・・と最後まで不思議な一品でした。
写真で見返していたら何だかまた気になってきましたよ(笑)。
本当は塩でいただいてみたかったのですけど、卓上には用意がなかったのですよねえ。
 
アジフライはじめ、このお店やっぱりいいですね。
もともと豊ちゃんにはあまり通っていなかったことを考えると、個人的には築地にあるより通いやすくなったのかもしれません。
 
また行きましょう。

【広告】