lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

代々木上原の「ブーランジェリー&カフェ マンマーノ」でパリパリクロワッサン、クロワッサン、まるごとチーズ、ボロネーゼ、クリームチーズあんぱん。

代々木上原でコーヒーを買ってこの日の目的を果たしましたので、あとはちょろっとパン屋さん巡りをしていくことに。
 

ブーランジェリー&カフェ マンマーノ。
店名は「手作り」を意味するフランス語の「マン」とイタリア語の「マーノ」からきた造語だそうです。
 

パリパリクロワッサン(270円)。
2種類のラインナップがあるクロワッサンからこちらを。
折り込み方に変化を付けて、こちらは名前にある通りパリパリに仕上げてあるそうです。
 

表面は弾ける食感の良さ、中は一層ずつに厚みがありモチモチ。 
 
値段からしていい素材を使っているのだと思いますが、バターはそれほど魅力が出ていなかったかなと。
逆に「良い」と感じたのは小麦粉。
柔らかく厚みのある層が豊満にバターを蓄えているのですよね。
 
本来クロワッサンの形には意味があってこれは「マーガリン等の油脂を使用」の形だったかと思いますが、こちらはバターのみなのではないかなあ。
 

クロワッサン(270円)。
2種類のラインナップがあるクロワッサンからこちらも。
 

こちらもそこそこザクザク感はあるのですが、層が繊細で全体にふっくらした仕上がり。
結構違いがハッキリしていますね。
 
でもこちらも使っている材料の質の高さは伝わって来ず。
軽やかで食べやすいところが魅力のクロワッサンだと感じました。
 

まるごとチーズ(260円)。
グリュイエールチーズを包んだパンにパルメザンチーズをかけて焼き上げてあります。
 

生地はパスッとかなり軽いもの。
たんまり贅沢に使われたグリュイエールチーズはもっちり、加熱されて味わいを増す特徴的な風味がチーズ欲を満たします。
 
表面のパリパリチーズもツボを押さえた感じで鉄板の焼き上がり。 
 

ボロネーゼ(280円)。
揚げパンのようにパリッパリに仕上がった表面がいきなり魅力抜群!
いきなり惹きつけられます。 
 

中にはボロネーゼソースとチーズ。
既製品ぽいソースがでそれ自体印象的なものではありませんでしたが、王道の組み合わせ。
万人受けしそうな美味しさでした。
 

クリームチーズあんぱん(200円)。
クリームチーズとあん、個人的に一押しの組み合わせです。 
 

クリームチーズが多め、このバランスもなかなか面白いですねえ。
クリームチーズの酸味が引き立ちます。
 
シンプルなあんぱんもいいですけど、甘すぎずさっぱりといただけるので結構需要がありそうです。
 
若干価格帯が上なので買いすぎ注意ではありますが、魅力的なパンがたくさんありました。
また行きたいお店です。

【広告】