lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

京橋の「イデミスギノ」でエベレスト。

この前の日、色々ありまして。
ブログありきで物事を考えたくないなと改めて感じたので、この日は思い切って撮影禁止のお店に行くことにいたしました。

というわけでこの記事は写真なしです。
自分用の記録ですから、読み飛ばしていただいて構いませんのでー。

やってきたのは京橋というか銀座の外れにあるパティスリー・イデミスギノ。
テイクアウトや焼菓子では結構利用していますが、初めてイートインに挑戦しました。
席が空いていたのでほぼ待ち時間なく入ることができました。

ここ最近で一番頭を使ったかもしれないくらい悩みに悩んで選んだケーキは、イートイン限定の「エベレスト」。
こちらはショーケースの半分くらいイートイン限定のケーキなので、いつも憧れていたのですよね。

チーズのムース、スポンジ、生クリームからなる純白のケーキは、直方体の角を全て丸くしたような個性的な形状。
トップにあしらった生のフランボワーズ、フォークを入れると中から現れるすぐりの赤いソースとの対比で、刺激的に鮮やかです。

イメージしたより生クリームの層は薄めで、表面に塗られている程度。
そして口にするとどこからどこまでがムースで、どこまでがクリームなのか全くわかりません。
このお店らしいゆるゆるのムースを軸に生クリーム、シロップを打ってしっとりほろろなスポンジが境をなくしてとけ合っています。

一瞬その儚さ、淡さに方向感覚を失いそうになりますが、酸味のソースがくっきりと道筋を与えてくれます。
過度な甘さに頼ることなく、バランスを取ることで味を完成させる姿勢にこだわりを感じます。

伝統的なフランス菓子とは違うかもしれませんが、強い主張ではなくバランスに重きを置く辺り、日本人的なスイーツと言えるのかもしれません。
どれもサイズが小さめなこともありますが、いい意味で満足感がないと言いますか、もう1つ食べたくなるケーキばかりだと思います。

実際他のお客さんも1人で複数召し上がる方の方がむしろ多数派だったかもしれないくらいです。

定期的にお邪魔して、色々なケーキを体験してみたいです。

【広告】