lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」でハンバーグ。

寿司大を出た後は米花でご挨拶だけ済ませて、合流したTさんにくっついて小田保さんへ。
先に始めていらっしゃったSさんとIさんとご相席させていただきます。

注文はある程度決めてあったのでレギュラーメニューから。


ハンバーグ(850円)。
ソースを全体に絡めてあるので、見た目は照り焼き風ですね。


目玉焼き、キャベツ、ポテサラ、そしてパセリ(笑)。

そしてご注目いただきたいのはハンバーグの右サイドの中ほど。


肉汁の泉!
文字通り湧き出ています。


ハンバーグ自体は「ジューシー」ですとか「ふんわり」といったいかにも流行りものとは無縁の、がっしりタイプ。
赤身中心の挽肉なのでしょうか。
肉々しい食感が魅力です。

つなぎはあまり感じず、たまねぎも見た目ほどは目立ちません。

味も奇を衒うことのない肉味に甘めのソースは間違いのない相性。

目玉焼きはどうしようか迷いましたが、とりあえずハンバーグの上に乗っけまして・・・


卵黄の滝。
もう!見どころ満載!
美味しさの観光地と化しています。

みなさーん、ご覧くださーい!


流れますよー!

肉自体の質にこだわったタイプではありませんが、だからといって変に特徴を出そうとせずシンプルにストレートに肉を食わせてくれるハンバーグでした。
ソースの染みたポテサラも美味しかったです♪

複数回召し上がられたことのあるそうさんによると、小田保さんのハンバーグは結構日によって違いがあるそうな。
またいただいて違いを感じてみたいです。

ちなみにたまたまですが、ブログで昨日小田保さんのハンバーグを紹介されていた超神田っ子さんの記事はこちら
写真から伝わる美味しさの度合いが全く違うように見えますが、「日による違い」ということにしておいてください(笑)。

【広告】