lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

代官山の「ターブルオギノ」で本日のカレーランチ。

軽めでしっかりしたものを食べたいなあと考えて思いついたお店を目指して代官山へ移動。


ターブルオギノ。
池尻大橋にある超絶人気フレンチoginoの味を気軽に楽しめるお惣菜専門店。
カジュアルブランドですね。

お持ち帰り専門で都内に数店舗構えていますが、こちらは2階がカフェになっていてイートインできるのですよね。


少し並んで待ちましたが、無事店内へ。
外に並んでいたので気が付きませんでしたが、ほぼお客さんは女性ですね(苦笑)。

席を確保した後、1階に降りてレジで注文、会計を済ませます。
ドリンクだけ持って席に戻り、残りの料理を待つシステム。
このシステムはちょっと面倒ですが、高級店の味をリーズナブルに楽しむためと思えば仕方ないところかもしれません。


本日のカレー(980円)、主食なし(-50円)、お惣菜追加(+300円×2)。
複雑な注文になってしまって、店員さんを困らせてしまいましたが、合計は1530円。

ランチは数メニュー用意があって、それぞれメインにサラダ、ドリンクが付きさらに1品(メインによっては2品)好きなお惣菜を選ぶことができます。
僕はお惣菜2品を追加でお願いしたので、全部でお惣菜は3品に。
説明が分かりにくくて申し訳ありません(苦笑)。


料理が来てから、シルバーは自分で持ってくることに気が付きました。
ちょっと店内が狭いので行き来するのに苦労しますね。

気を取り直してお料理をいただきます。


鹿肉と豚血のテリーヌ。
鹿肉が肉濃く、クセのない豚血も旨みの強さとしてたくましく。


口に入れると、レーズンの甘みが肉に負けず力いっぱい前に出てきます。

ぷちゅっと弾けたラードもこざっぱりと豚の味を重ねてきますねえ。


トマトとなすと自家製ソーセージのキッシュ。
キッシュは日替わりで毎日数種類の用意がありますが、内容は選ぶことができません(アレルギーは聞いてもらえます)。

わりとオーソドックスな組み合わせのものが出てきましたね。


流れ出すほどのアパレイユはコクがありつつ優しい味わいのもの。
トマト、なすは口に入るとジューシーに水分が溢れて味も濃い!

そして「オーソドックス」と思って食べていた予想を裏切る自家製ソーセージ。
春雨が入っていたりしてむぎゅむぎゅと独特の食感。
あと結構にんにくが効いていたような気がします。


冷製さつまいものポタージュ。
さつまいもの甘みの素直に感じられるミルキーなスープ。
印象としては割と普通な気がしますが、下手な味は加わっていないのですっきりいただけます。


蝦夷鹿ひき肉カレー。
挽肉は結構たっぷり、お豆も溶け込んでいるでしょうか。


スパイスだったり唐辛子だったりというより、塩コショウがしっかり効いたフレンチらしい味わいな気がします。
ある意味で「らしい」一皿ですが、もう少し冒険も欲しかったかも。

実力のあるお店がちゃんと素材にこだわって作ってくださっているので、どれも外れなくいただける気がします。
もう少しハッとするような意外性やアイディアが入ると頻繁に通いたくなる気がしますが、使い勝手よく利用したくなるお店でした。

【広告】