lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

若林の「パリの空の下」で1年の内で今しか旨くないイクラを使ったサンドイッチ、鮭と白子の親子丼?サンドイッチ、天然海老とズワイガニのサンド、3種の貝のパナシェのキッシュ、タルトタタン他。

この日の〆にやってきたのは世田谷・若林。
もちろんパリの空の下でございます。


この日は7周年ウィークということでこんな記念品をいただけました。

周年行事ということで常連さんの気合いも普段以上で、この週は朝の5時台から並ばれている方もいたとか。
僕は15時頃の到着で4番目でした。


こちらは記念品の紅玉。
これ、めちゃめちゃ味が濃くて驚きました。
鮮烈に広がる香り、甘み、酸味。


1年の内で今しか旨くないイクラを使ったサンドイッチ(1000円)。
甘塩のイクラと自家製のスモークサーモンを贅沢に挟んだサンドイッチ。


甘塩のせいか麹のような甘い香りを纏います。
サーモン特有の生臭みが気になることなく、むしろそれを洗練してサーモンの力強い香りに変えているような。

商品名が商品名なので今シーズンはもう出会えないかと思っていましたが、終了間際でいただくことができてよかったです。


鮭と白子の親子丼?サンドイッチ(750円)。
厳密に言えば白子は精巣なので親子丼とは違いますが、だからこそ"?"を付けてあるのかもしれません。

サーモン系が被ってしまいましたが、どちらかなんて選べませんでした( ̄▽ ̄)


白子は旨み旨み旨みの応酬。
鮭の味の目立つ部分をより鮮明にします。

パンオレの生地のバターやミルク感、マヨネーズソースで濃厚さを補充。


天然海老とズワイガニのサンド(950円)。
これもここのところ売り切れに泣いていましたが、久々に購入。

今回は天然海老どズワイガニのダブル使いで、さらにソースもズワイガニだそう。


海老はぷりっぷり、ズワイガニも歯で感じられるほどたっぷり。
ソースはいつもよりやや旨み寄りでしょうか。

このソースの染みたパンドミがまた美味いのですよ♪


天然カンパチのサンド(750円)。
パリ空の絶品マヨソースを味わうには、このタイプの魚のサンドを選ぶのが吉なのですよね。
今回はマグロカマもありましたが、いただいたことのないこちらに。


火を通したカンパチって久しくいただいていませんが、青魚ながらかなり白身ライクな澄んだ旨みを感じます。
カンパチという魚だからか、ものがいいからなのか。

何にせよソースが美味あい(*‘ω‘ *)


3種の貝のパナシェのキッシュ(950円)。
パナシェというのは「盛り合わせ」みたいな意味だと思います。
3種の貝盛りキッシュですね。
3種って何かな?

この日は色々買えましたが、ここまで全て魚介系ですね(苦笑)。
好きなものから選んだのですけど、ここまで偏るとは。


つぶ貝と・・・牡蠣!
油断していただく牡蠣ってものすごく濃く感じられますね。
ノーガードのところへガツンと一発ぶち込まれました。

以前のシェフのブログ記事を見返すと、キッシュに使う牡蠣は燻製にして自家製のガーリックオイルでコンフィにしていたりするようです。
今回どうだったかまでは嗅ぎ分けられませんでしたが、味がとにかく濃かったことだけは記しておきます。


あとアオヤギでしょうか。
想像していたよりも甘みではなく磯っぽさ全"カイ"の構成でした。

今回はチーズの入り方も豪"カイ"でしたよ。


ようやく出会えたこの時期ならではのりんごを使った一品。

確か以前某口コミサイトで、パリの空の下のトップページの写真に使われていた時期があったのでお店を代表する商品だというイメージがあったのですよね。


何といってもまず目を引く鮮やかな紅のイメージ、それに一致する酸味が突き抜けていくかと思いきやバニラの香るまろやかな甘みと角のない形に落ち着きます。

フィユタージュはコクや旨みといった「ベース」としての役割を理解したうえでの見事な立ち回り。
食感もちょっと湿り気のあるザクザク感、うまいですねえ。


栗のクレープ(850円)。
この日は他に食べたことのない商品も結構あったにも係らず先日買ったばかりのこちらを選んでしまい、正直帰り道後悔していたのですけど。


やっぱり美味しいです。
この豊かな香り、他のどのパティスリー、ブランジュリーを巡ってもそうそう出会えるものではありません。
常に冷蔵庫にストックしておきたいくらいです。


クイニーアマンキャラメル(450円)。
新作のクイニーアマン。


折り込みがざっくりしていることもあった気がしますが、今回は整っていますね。
こうなると食感の移り変わりが見事。


キャラメル、とはっきり分かる味ではなく、甘さがまろやかに、少しビターになったかなというくらいの印象。
期待しすぎると違いは少ない気もしますが、確かに美味しいです。


バケット・チャバタ(550円)。
今回チャバタ系のサンドをチョイスしなかったので、自分でサンドイッチを作ろうとこちらを購入。


このパンやっぱりめちゃめちゃ美味しいですよ・・・!
せっかくこのパンでサンドイッチを作るなら!と間に挟むものも気合いが入って、料理欲が高まっている今日この頃です。
ソースもちゃんとしたいなあなんて。

サンドイッチから甘いものまで、今回も向かうところ敵なしの傑作揃いでした。
幸せ幸せ。
7周年おめでとうございました!
またお邪魔させていただきます。

【広告】