lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

中華街の「金陵」で肉の3種盛り、生キュウリ(小)。

断られるのがトラウマになりかかっているAさんに代わって僕が矢面に立って交渉することに。
「もうあんまり残ってないよ」とのことでしたが、とりあえず通していただけました。


金陵。
豚、鶏、モツなどの加工品を販売しているお店ですが、2階に飲食スペースがあってそちらでいただくことができるのですよね。


ようやく入ることができて喜びもひとしおだったのか、なぜか取り皿をわりとアップでまじまじと撮影していました(笑)。

残っている商品が少ないということで、注文はほぼお店の方の指示に従って決定。


まずは生キュウリ(小)(600円)。
キュウリは中までキンキンに冷えていましたが、タレはかけたばかりのようだった気がします。
注文を受けてから冷やしてあったキュウリを叩き割ってタレをかけているのかな。
ニンニクの効いたタレがまた美味いのですけど、たまについうっかりニンニクを喰らってしまうと強烈です。


肉の3種盛り(2300円)。
手前から蒸し若鶏、焼き鳥、ハチノス。
選ぶことができずに3種決まりましたが、全部初めて食べるものでラッキーでした。


蒸し若鶏は皮目だけでなく身全体から溢れる脂がとってもジューシー。
想像していたよりもコッテリ系ですが、しっとりやわらかでとても美味しいです。


焼き鳥は皮目はバキッと身はギュッと旨みが詰まっている系。
骨付きで、やっぱり骨周りの肉って美味いなあと改めて感じます。


ハチノス、良くも悪くも?これが一番イメージ通りでした。
クニクニした食感がいいですよね。
最後のところでちゃんと噛み切れるところが調理の腕なのかもしれません。

3度目の正直で、残っていないと言われた割に満足にいただくことができてよかったです。
次こそはちゃんと計画的に伺って肉の盛り合わせをいただきたいなあ。

そうさんの記事はこちらでございます。

【広告】