lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

芝公園の「ル・パン・コティディアン」でハム&グリエールオムレツ、かぼちゃのスープ。

11月8日(日)、日曜日ですがこの日は朝から都内で用事があったので千葉へは行かれず。
せっかくなので、都内のモーニングのお店へお邪魔してみました。

というわけでやってきたのは芝公園の脇、東京プリンスホテルの入り口にあるベルギー初のカフェ、ル・パン・コティディアンさんです。


開店時間に合わせて伺ったので、無事に入ることができました。
オープンと直後は2割ほどの埋まりでしたが、ちょこちょことお客さんが増えていきます。


広々とした店内ですが意外と席の間隔が狭いので、埋まってくるとかなり窮屈に感じそうです。

左奥に見えるのが大テーブルで、そこに置いてあるジャムやペーストをセルフで取りに行くシステム。


注文したのはハム&グリエールチーズのオムレツ(990円)。
追加で本日のスープ(480円)、この日はかぼちゃのスープでした。

オムレツにしてはすごく早く出てきたのでびっくり。


なでやかな肌合い。
具はハムとグリエールチーズの他にあさつきなのがちょっと意外。


チーズはシュレッドチーズで、グリエールチーズではない味がします。
そしてチーズが1度融けて固まったというよりは、そもそも融けていないような気がしました。
火を入れずに食感を重視していて、卵の味は出て来ない感じ。

公開されているお店のレシピを見たことがあるのですけど、そちらでは生クリームは使っていなかったはずですが、お店の方は「フレッシュクリームを使ってふわとろにしている」と仰っていました。

ふわとろでチーズが入っているオムレツ、というだけで需要はありそうですけどね(^_^;)


ビーリーフのサラダとパンはバゲットとカンパーニュ。
塩気と粉の旨みを感じるバゲット、酸味が立ってビネガーを思わせるカンパーニュはさすがという美味しさ。


追加のスープにバゲットを付けるのはセンスがない気がします(苦笑)。

このスープが意外なもので、ミルクやクリームは使っていないのではないかなあ?
ちょっと生姜かピンクペッパー(ただのペッパーかも?)辺りの香る、ちょっと独特なもの。
変に味をいじっていないところは好印象で、面白いなあといただきました。


せっかくなのでチェリーのジャムとヘーゼルナッツのペーストをいただいてみました。
どちらも想像通りの味を一歩上回るくらいの上質なものでした。
全部で8種類くらいあったと思いますが、もう少し時間があったら色々試したかったです。

料理といいサービスといい、大満足というほどではないのですけどいい朝を迎えられる内容だったと思います。
話の弾む相手と一緒なら楽しく過ごせそうです。

【広告】