lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

神田の「とんかつ万平」でカキバター。

さてさて帰りながら寄り道食べ歩きをします。

このところカキバターで気になっているお店が何軒かあるのですけど、やっぱり最初に名店を済ませておきましょうと神田へ。



とんかつ万平。
1950年創業開始という老舗の町のとんかつ屋さん。

ちょっと個性のあるとんかつやハンバーグとともに人気なのが冬限定のカキバターなのです。


人気店のイメージだったので並んだりするものかと思っていましたが、席は常に7、8割の埋まりでした。

接客のお姉さんたちは付かず離れず、優しからず厳しからずの独特な距離感。
感じはいいけど緊張感がありました。


白菜漬けを突きながら料理を待ちます。
ふふふ、可愛い盛り付けですね。

この時期はみなさんカキバターかと思いきや、僕以外はみなさんとんかつかハンバーグだったようです。
そちらも美味しそうで、再訪を心に誓いました。


カキバター(1650円)。
こういう有名メニューは何度も写真では見たことがあったりして、実物を前にするととてもテンションが上がるのですよねえ。


牡蠣は6個、やや大きさにバラツキがあります。
いざ、いただきます!ガブリ!


牡蠣は結構締まりのある火入れで、どちらかというと甘辛バター醤油ダレの浸みた衣をザックリとスナック感覚でいただくのが中心なのかも。
フワッと牡蠣の香りが追いかけてきます。

衣が厚い分お皿に残るタレも少なくて、バター焼きという料理、その最大の魅力のタレを牡蠣で味わっているという感じなのですよね。
牡蠣の大きさにバラツキがあったのは、モノ自体のバラツキの他に火入れにも差があったように思います。
ムラというと悪いイメージですけど、個人的にはそれぞれ違いがあって楽しかったです。
1番好きだったのは、左端の火がガッツリ入って香ばしくカリッと仕上がったヤツでした。


白っぽい麦味噌のお味噌汁、こういう優しい甘みのあるタイプは久しぶりにいただいたのですけど妙にハマりました。

想像していたより好きなところの多いお店だったので、ぜひ機会をみつけて他のメニューをいただきに行きたいです♪
ごちそうさまでした!

【広告】