lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

赤坂の「リベルターブル」でドール。

途中赤坂で寄り道して気鋭のパティスリー、リベルターブルさんへ。
トリュフや山羊のチーズを使ったりして攻めているこちらの焼菓子でも買ってみようと思ったのですよね。


お会計していたらショーケースのケーキが気になって来たのでイートインしていくことにしました。
1ドリンク注文必須とのことでしたのでミネラルウォーターをお願いしたら500mlのボトルで出てきました。

しかもこれ、1杯目はフレンチよろしく「サーブ」してくださいます。


ドール(680円)。
フランス語で「金」と名付けられた和栗を使ったモンブラン
マロンペーストの色合いからきているのか、フィナンシェ型に焼いたタルトからきているのか。


横から見るとこんな幅広。
ヨット型というと分かりやすいでしょうか。


見た目より滑らかなタイプのマロンペーストの香りは控えめで、ほぼ粉糖の甘み。
どうしてこんなに甘くするのか、ちょっと理解できませんでした。
シェフはこれが美味しいと思っているのかなあ。


クリームシャンティは普通、至って普通。
ここまで、淡い風味のマロンペーストと味気ないクリームシャンティと粉糖の甘み。
穏やかな気持ちになってきます。


中心にはいちじくと黒すぐりのジュレ。
これはそれほど下卑た甘みはないものの、特に香りいいわけではなく。
これだけ弱い同士だとケンカすることもなく安心していただけます。


ちょっと分かりにくいですけど、中にはコクッとちょっと不思議な食感の栗。


ベースはフィナンシェ型のタルトの中に栗のクリームかな?
タルト生地がとても厚くてガシガシいただきます。

お店の雰囲気といいケーキといい、慇懃無礼な感じというかシュールレアリスムというか、ミスマッチな感が付きまといました。
狙ってやっているとしたらハイセンスだなあと思います。
ヴィエノワズリーや焼菓子も購入しましたがどれもそれほど質がいいわけではないので、奇を衒った系を面白がっていただくのがいいのような気がします。

【広告】