lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

国分寺の「茂右衛門」でフレーズィエ、りんごのタルト、キャヌレボルドー。

そこからふらふら歩き回って「お土産のどら焼き」を買ったりしましたが、最終的には電車に乗って国分寺の茂右衛門さんへ。
前日のお店のFaceBookで、ずっと食べたかったケーキが登場と紹介されていたのですよ。

今日もあるかな?と伺うと、最後の1個残っていました。
セーフ!


フレーズィエ(580円)。
ナパージュのかかっていないところや「フレーズィエ」という表記がイルプル系ですね。

本家ではモロ好みだったので、こちらでもいただいてみたかったのですよ。


バニラ香るクレームムースリーヌ、まろやかな卵のコクが癒し系。

苺は普通かな。
でもムースリーヌが美味しすぎるので苺は香り付け程度で十分かもしれません。


アーモンドの生地はしっかり焼き込んで、パスッと軽い口当たり。
それ単体だと弱くなってしまいそうですが、スライスアーモンドが混ぜ込んであってぽくぽく食感が立ち上がってくるのですよ。
さらにアンビべしたシロップの軽く華やかな香りを入り口にムースリーヌ、苺の果汁がひとつにまとまっていきます。

ナッティ、ミルキー、フルーティー、三者三様の香りですけど、相性の良さ、バランスの良さ。
そしてこのバランスの機微がそのお店の特徴になるのですね。
茂右衛門さんはとにかくクレームムースリーヌの穏やかでまろやかな風味が抜群で、生地のアーモンドの食感も印象に残りました。


りんごのタルト(480円)。
ショーケースにはなかったのですけど、ちょうど出来上がってきたので1ついただきました。
正確には、冷ましている途中で温かだったので、箱に穴を開けてくださって持ち帰ることが叶いました。


持ち帰るまでにそこそこ時間が経っていますが、それでもやっぱり少しでも焼成に近い時間だとバターと小麦粉の生み出す風味に躍動感がありますね。

スライスされた紅玉は、重ねたそれぞれの間に空気が挟まる分香りが広がるように思います。


下からアーモンドクリーム、りんごのコンポート。
これらはまろやかな甘みに収まっていて穏やかな味わい。
そこへタルト生地が華やかに香り、紅玉が酸味を加えます。


キャヌレボルドー(250円)。
定番のこちらも。

やはり、つぁーんと強く刺激するラムの香り。
朴訥な見た目からちょっと想像できない攻撃性と煌びやかさ。

写真は撮りませんでしたが、この日は他にもいくつか焼菓子も購入したのですけど。
焼菓子も素晴らしくよかったですねえ。
また近いうちに訪問したい気持ちでいっぱいです。
もう一度くらいフレーズィエもいただきたいなあ。

【広告】