lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」でふぐカツ、カキフライ。

続いて米花さんから猛者2人にくっついて、6号館の小田保さんへハシゴします。


ちょうど4人掛けテーブルが空いていたのですんなり着席。
それぞれ思い思いの注文をします。

間が悪かったのかちょっと待ちましたが、3人分ほぼ同時に登場。


ふぐカツにカキフライをひとつトッピング(1150円)。
ふぐカツは初訪問のときのB定食でいただいて以来ですね・・・もう3年近く経つのですか・・・早いなあ。

カキフライがどれか分かりにくそうなものですが、百戦錬磨のみなさんなら造作もないことなのでしょうねえ(笑)。


ギュッと詰まったようでもっちりと弾力があって、見ての通り脂がじゅじゅじゅと溢れます。
ザクッと香ばしい衣は脂に負けることのない食感。


この日は何だか妙に衣が分厚くて、1か所は明らかにおかしかったな(^^;)
しょっぱいキャラメルコーンみたいになっていました(苦笑)。

小田保さんの衣って、小さい種を揚げるのには向かないのかな?


カキフライはこちら。
普通に考えたらデカいカキフライなのですけど、この日は3人一様に「小さめだな」という感想でした。
小田保さんだと基準がおかしいのです(笑)。

割合淡泊なふぐと旨みの濃厚な牡蠣、これはなかなか磯、海の味を満喫できるいい組み合わせだったと思います。
うーん、滋味滋味。

ご一緒いただいたお2方!この日も楽しい時間をありがとうございました♪
またお願いしますねえ(^^)

【広告】