lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

四谷三丁目の「猫廼舎」でコーヒー。

この日は寿司大スタートでしたし、ここらでコーヒーをゆっくり飲んで〆ましょう。
荻窪といえば新宿方面ですから(個人的感覚)、
新宿方面でコーヒーといえば、ということでふらふらと寄り道しながら四谷三丁目の猫廼舎さんまで散歩。


ちょうどカウンターにいらっしゃったMさんのお隣に1席空いていたので、お邪魔させていただきます。
何でもこの日はMさんのお土産の大阪のコーヒー屋さんの豆があるのだとかで、そちらをいただけることに。


まず第一印象でびっくりしたのは、香りがさっぱりしないこと。
実はコーヒーをいただく前に豆の入っていたパッケージを見せていただいて、その袋の中からはミントにも似た爽やかな香りを感じたのですよ。
そのイメージで何となく想像を膨らませていただけにちょっと驚き。

ところが、肩を透かされかけたのもつかの間、ひとたび舌に乗るとヘビーな苦みがすぐ来ます。
ギャップ、このギャップにグッと惹きつけられます。


この日は食べてきたばかりの吉田カレーの魅力を滔々と語り尽くして、未訪のご主人をあの独特のフルーティースパイシーな香りの中に誘う目的だったのですよ。

でもいざカレーの話を始めるや、止まらない止まらないご主人のカレートーク( ̄▽ ̄)


結局ふたりで「あーカレー食べたくなってきた」「カレー食べたくなってきた」と繰り返す羽目に。
カレーの強烈な魅力って、その場になくても話をするだけで重篤な中毒症状を発症させますよね。
僕にもう少し知識と話術があれば、危うくこの日の猫廼舎さんは緊急閉店するところだったかもしれません。

いやいや、またもやすっかり長居してしまいまして・・・。
この日も興味深い話をたくさんありがとうございました!
教わったお店はコツコツとチェックしていこうと思います(^^)

【広告】