lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」でさわら塩焼き。

4月9日(土)、土曜は元気に築地へ。
この週末は随分暖かくなりそうな予報だったので、着る服に悩みましたねえ。

とりあえず高はしさんに並びます。
出足は穏やかでしたが、気付いたときには大行列になっていました。


開店と同時に店内へ。
いつものお2人と並んで着席します。

この日はラインナップ的にレギュラーメニューをいただいておくことに。


さわら塩焼き(カマ)(1700円)。

さわらは煮付けが好きすぎるのでなかなか塩焼きを注文することがないのですけど、今回はあえて。
カマと身と選べたのでカマでお願いしました。


脂、パチパチ。

お隣のそうさんも「パチパチ言ってますね」と一言。


厚みのある身がギュッと詰まって、割れた表面から覗く身は純白。
香ばしい湯気が立ち上ります。


こゆとここゆとこ!カマはやっぱりこういうとこがたまらんですね!
ああイイ!やっぱりイイ!

カマに興奮、これが本当のカマ騒ぎです。


以前いただいたのは2年以上前ですが、これははっきり覚えています。
下手に触れたら怪我しそうな鋭利なエッジ。


カマは食感、味わい、脂乗りが変化に富むので見どころ満載ですが、見ているばかりでも仕方ないので早速いただきます!


脂も水分もしっかりめに落として、身の繊維質が力強く、香りは濃縮。
身の味に塩気がごく自然体に乗っかります。

やっぱり煮付け派なのに変わりはありませんが、塩焼きも塩焼きの魅力があるなあと感じました。
たまにはいただきたいところです。

【広告】