lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「KOTOBUKIフーズ」でカンボゾラ、ペコリーノ・ペパド・ビオ。

今週は久しぶりに購入するチーズと、初めて見たチーズと。

まずは「久しぶり」の方から。


カンボゾラ。
カマンベール(Camembert)とゴルゴンゾーラ(Gorgonzola)を合わせた造語系。
表面に白カビ、中に青カビを仕込んだちょっと珍しいものです。

発明家が多いと言われるドイツのチーズですが、「0から1」ではなく「1+1+で2を作った」感じですね。


しっとりした表面の白カビは、カマンベール然とした苦み。
ぽくっと歯切れのいい食感。
そこから、むっに~と弾力の中を歯が進んでいくと・・・


青カビ。
クリーミーなチーズの中にあって、青カビは比較的マイルドなもの。
口の中でじわりと辛みが出ますが、どちらかというと青カビは香り要素。

こちらは8,000円弱/kg。


ペコリーノ・ペパド・ビオ。
自然農法で作られるビオミルク、それもペコリーノということで羊乳。
ペパドは黒胡椒の、ですね。

こちらのチーズは初めて見たので、迷わず購入。
もともとイタリアのチーズを買おうという頭も出来ていたのですよね。


黒胡椒がすっごく辛かったです。
カァーッとしばらく尾を引く辛さで、最初はちょっとびっくりしました(^^;)

ペコリーノのチーズはほぼ酸味、さわやかな香りが抜けていきます。
意外な方向性のチーズでしたが、2口目からハマりました。

やや高価な9,000円/kg。

牛のミルクもバランスの良い味わいで美味しいですけど、山羊や羊というのもやっぱりクセになる個性がありますね。
毎週それ系を1種類は入れようと無意識に頭が働いているようで、何かしら購入しています。
そうして知らず知らずのうちに買う量が増えているのですよね( ̄▽ ̄)

今週もありがとうございました!

【広告】