lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「江戸川」でいわし煮、肉皿。

早めにお寿司を終えたので、もう1軒くらいは行っておきましょう。


というわけで江戸川さん。
来よう来ようと思いつつ、今さら今年初の訪問となりました。

朝食を召し上がっていた某店のお姉さんと入れ違いで入店。
お目当てのメニューは売り切れていたので、季節物をいただくことに。


牛皿(600円)。
まずは前菜から。
肉豆腐、豆腐のみと選択肢は3つありますが、今回はこちらにしました。


脂身が中心のお肉に玉ねぎも入ってトロトロ。
結構脂はしつこいですが、紅ショウガが軽やかに絡め取るように印象は重くなりません。

続いてこの日のメインに選んだのは・・・


いわし煮(750円)。
シーズン到来!梅雨いわし・入梅いわしといわれ特に脂の乗るシーズンの始まり。


濃いめの煮汁に脂が混じって照りっ照り。
よく肥った身ですこと。


醤油っ濃い煮汁に梅干しの酸味。
大根おろしにおろし生姜、混ぜ混ぜしながらいただきます。


おわ!脂乗っていますねえ。

ひとくちめを食べようかというところで、お店のお母さんが隣のお客さんに「尻尾の方から食べるのよ」と仰っているのが聞こえたので僕もそれに倣いました。


脂の少ないところからよく脂の乗ったところへ、苺はヘタの方から食べた方が美味しい!的な理由かと思って尻尾側からいただきましたが、食べ終わってから聞いてみると・・・

「尻尾側からの方が骨離れがいいから」

だそうで。

僕関係なかった・・・(笑)。

【広告】