lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」であじ酢。

この日はやじ満さんだけで帰る予定でしたが、流れでふらふらと結局並んでしまったのは高はしさん。

もう習慣ですね。


豊洲に向けて(?)ふかふかのペーパータオルをしたようです。
あまり普段気にはしなくても、良いが置いてあると「おっ」と思ったりするのですよね。


冷たいお茶、先日まで今夏は日本茶を冷やして出していらっしゃいましたが今回は麦茶ですね。
どちらもそれぞれの良さがありますけど、「夏」っぽいのはこちらかな。


あじ酢(2000円)。
元々は高はしさんの夏の定番メニューだったようですが、ここ数年はすっかりレアメニューのひとつとされるようになっています。

僕も3年前築地に通い始めた頃、高はしさんに2度目にお邪魔したときに食べて以来ということになります。
あのときは大学を出て数か月、まさか「こんなこと」になっていようとは想像もしていなかったと思います(笑)。


手間がかかるのと、思うような鯵が入らなくなったのと両方関係していると思いますが、お店のお眼鏡に適った味はご覧の通り!
ビチッと角の立った身質、プラチナのような銀皮の照りも高級感がある気がしますねえ。


結構しっかり〆ていると思いますが、厚みがあるからか生の鯵としてのなめらかな舌触りも感じることができます。
強めの甘みと後に残る酢の香り、かなり「味付け」が主張してくるのですけど、それに負けない鯵の香りがさすが。

食感、味わい、残る香り、どれを取ってもパワフルなあじ酢でした。

出会える機会がなかなかないので、もし召し上がるチャンスのある方にはぜひトライしていただきたいメニューだと思います。
ごちそうさまでした!

【広告】