lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」でつくねと手羽先とにらのスープ、ひじき煮、茄子味噌。

8月8日(月)、ルーティーン通りこの日はまず米花さんへ。
オリンピックのことや、計画中のイベントのことで盛り上がりつつ料理を待ちます。


最近の定番、茄子味噌、ひじき煮、そしてお味噌汁がトントントンと登場。

醤油とか鰻のタレとか、七味とか山椒とか。
使うときは「イチかバチか」な調味料が卓上に所狭しと並べられています。


ひじき煮は米花さんにしては控えめ盛り。
ちょっと甘めの味付けで、油揚げを噛みしめたときにじゅわっときます。


茄子は濃いめの味噌味の中に、とろりとした食感と、妙に食感と一体感のある特有の甘み。
たっぷり2本分。


メインはつくねと手羽先とにらのスープ。
鶏の脂、出汁のよく浸み出た塩ベースのスープです。


大量のにらがなぜだか米花さんらしく感じられます(笑)。
じゃっきじゃっき、旨みのよく出る食材ですね。
鶏の出汁がかなり強いスープですが、全く引けを取らない力強さ。


つくねはほんわりふわっと、ちょっと肉のゴリゴリした舌触りも残っている感じ。
手羽先は皮目で包まれて鶏の脂の甘みを堪能できます。

すっきりした見た目とは反対にかなり濃厚な味わいのスープに感じました。
骨付き肉と挽肉、というと明らかに出汁がよく出る食材2種ですからね。

上品で、かつパワーをもらえるような朝ごはんでした。
ごちそうさまでした!

【広告】