lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」でウニいくら丼、切干大根。

8月29日(月)、翌日に予定される台風の影響もあって雨の降る中、朝イチの米花さんへ。


この日は久しぶりに1番乗りでした。

天気の話や移転関連の話をしながら料理を待ちます。
さすがに移転のことが話題に挙がることがグッと増えましたねえ。


ウニいくら丼。
酢飯の上に海苔、大葉を乗せて、メインはウニといくら。
色鮮やかですね。


いくらは生いくらではなさそう。

ふにふに、ぷちっと弾けます。
味は強め。


ウニはややとけ気味ですが、黄色が鮮やか。
食感は緩く、香りは強く。


磯の香り、海の香り。
はっきりした味わいで、苦手でさえなければ子どもウケなんかもよさそう。
※混雑状況によってはお子さん連れの入店は断られることがあるので注意が必要です


すぐとけて、すぐ香るウニでした。

いくらもですけど、朝からこのウニの量は贅沢な限りです。
ウニ好きにはたまりませんね。


予定しているイベントの話題などで盛り上がります。
ちょっと久しぶりなので、みなさんわくわくですね。


小付けは切干大根。
この日は作り立てだったように思います。
出来てから何日経っているかで味わいも変化しますが、この日はいつもの甘めの味付けとはそもそも違っていたかな?


油揚げの油の味わいが前面に出ていて、そういう甘みと旨みの印象が強かったです。
いつものは冬仕様、こちらは夏仕様というイメージかもしれませんねえ。

贅沢な朝ごはんでした。
ごちそうさまでした!

【広告】