lockandgo65

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

東銀座の「ダルマサーガラ」で平日ランチミールス(チキン・かぼちゃと豆)。

9月23日(金)、前日呼び出されて実家に帰っていたので、この日は帰りがてら東銀座でお昼を食べることに。
1年以上前にオススメされたお店があっていつか行こう行こうと思っていましたが、ようやくの訪問となりました。


万年橋のすぐ脇を入った首都高を見下ろす道沿いのビルの2Fという、知らないと気付かないような立地。
とはいえ2003年オープンということで、10年以上続いている実力店です。


結構広い店内ですが、ランチタイム後半だったこともあって先客は2名のみ。
平日ランチ限定のミールス(1200円)を注文することにして、日替わりカレーを聞きながらカレーを選びます。

ちなみに1200円は税抜き価格でした。


ササッとプレートで登場。
内容はサラダ(ヨーグルトに変更可能)、ポリヤル(野菜のスパイス炒め)、ラッサム、2種類のカレー、アチャール、チャツネ、ライス、パパド、プーリー。


パンッパンに膨らんだ揚げたてのプーリーは旨みと香ばしさの出た全粒粉の記事ですが、ドーナツを思わせる甘い香りもほんのり。
モチモチの食感がクセになります。

ちぎりながらそのままいただいたり、カレーに付けたりして楽しみました。


サラダにかかったドレッシングはスパイスが効いてちょっと辛みもあるもの。

ポリヤルは油たっぷりでしっかりいためて、野菜の甘さとジューシーな食感が出ていました。
クミンの香り。


ラッサム。
辛さはありませんでしたが、トマトの旨みが爆裂、クミンもかなりの量で香りは凝縮。
すごく強い旨みと香りで、一瞬間を置いて味わったことのない風味に変化してちょっと不思議な感覚になりました。


右がレギュラーメニューからチキンカレー。
日替わりの「南インドのすごく辛いチキンカレー」ではなくこちらにしましたが、これも結構辛かったです。
クミンとクローブの香りがシャープな仕上がり。
鶏の脂なのか、クリームも使っていたのか、どことなくマイルドさも感じさせます。

左は日替わりのかぼちゃと豆のカレー。
マスタードで爽やかな香り、ココナッツで甘い香り。
かぼちゃは全体に融け込んで、たっぷりのレンズ豆が沈んでいました。
こちらも少し辛みがあってスパイシーでした。


左はキリッとした強い酸味のチャツネ、右はレモンの皮のような渋みのあるアチャール

意外な組み合わせに挑戦してみようと思って、チャツネとかぼちゃと豆のカレーを合わせてみましたがこれはハマりませんでした。
失敗も成功の母。


プーリーの裏にパパドが隠れていました。
もう少し量のあるサラダだったらパパドを砕いてかけるところですが、今回はそのままいただきました。

容赦なくシャープなスパイス使いで強い香りと辛み。
塩気は穏やかで、辛いながらも食べやすいカレーでした。
刺激の欲しいときにまた再訪したいと思います。
ごちそうさまでした!

【広告】