lockandgo65

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「江戸川」でマグロぶつ、タラ煮(軽め)。

10月29日(土)、お待ちかねの土曜日。
この日はいつもと違うお店からスタートします。


江戸川さん。
市場移転を機に100年を超える歴史に幕を閉じることを決めていたこちらのお店、周知の通り移転は延期になりましたが、予定通りこの日で閉店となるとのこと。

多くの河岸の方などがご挨拶がてらいらっしゃっていてお店の前で少し待ちました。
奇遇にも知り合いの方が出ていらっしゃって入れ替わりで僕も入店。


タラ煮(軽め)(550円)。
江戸川さんの看板メニューのひとつ。
ちょっと甘めの味付けに、ぷりっとしたタラ特有の弾む食感が魅力です。


いつもより煮汁がサラッとしていて、食感も若々しかったように思います。
あとである方も同じような感想を持たれたようで、お客さんが殺到して回転がよかった分、作り置き時間が少なかったのではないかという予想に落ち着きました。

いつもの味ではなかったように思うのですけど、もし本当にそうだとしたらそれはそれで江戸川さんらしいエピソードな気がしました。


マグロぶつ(750円)。
こちらもお店の人気メニュー。
築地でいただくマグロとしてはかなりリーズナブルで、当たりハズレはあるもののたまに大当たりもあるのでついつい頼んでしまうのですよね。


これがその「当たり」のマグロ。
見た目に分かる脂乗りで、濃いぃ味がします。
下の方は赤身で嵩増しかと思いきや、結構トロが大盛りになっていました。


赤身はさっぱりした酸味の目立つ味。
江戸川さんのマグロはお酒が進みそうな系統に感じられますねえ。

この日はゆっくりできるような雰囲気ではなかったので、サクッといただいてサクッとお店を出ました。


僕は数えるほどしか伺ったことがありませんでしたが、それでも思い出はいくつかあって。
この写真は「寂しいなあ」と思いながらいつもはあまり撮らない食中のカウンターを撮影してみたのですけど、なんだかすごく江戸川さんっぽさが出てしまって余計に寂しさがこみ上げてきました。

とはいえお店の方々もまた新たな生活が始まることでしょうから、みなさんのご多幸をお祈りしたいと思います。

勝手ながら、最終日にお食事されていたみなさんの記事をピックアップしてみましたので、ぜひぜひご覧ください。
拾い切れなかった方は申し訳ございません!とにかくみんなに愛されているお店だったな!

【広告】