lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」で太刀魚塩焼(シモ)、ゆばとろお吸物。

定番パターンとは順番を替えて、朝とお昼の間くらいのタイミングで高はしさんへやってまいりました。
 
朝やお昼と比べて常連さんが少ない時間だったようで、3代目とゆっくりお話することができた気がします。
この日は特に最近の3代目お気に入りネタでかなり盛り上がりましたよ。
 
太刀魚塩焼(シモ)(2000円)。
以前いただいたときは"部位指定"はなかったように思いますが、今回はかま、真ん中、シモと3つの選択肢が用意されていました。
太刀魚の脂は、焼くと爆発的に香りが魅力的になりますね。
 
「高はしさんの太刀魚って、最高ですよね」
と以前某先輩にお話ししたら、
「シモもすごくいいから機会があれば食べてみて」
と言われていたのですよ。
 
というわけで今回はシモを狙い撃ち。
 
高はしさんの太刀魚は極厚すぎて「"太刀"には到底見えない」「斬れ味なさそう」が定番ジョークですが、
シモに限っては、斬れ味鋭い太刀のように見えますね。
 
他の部位に比べれば身の厚みや幅はありませんが、長いのが2切れですからボリュームはなかなか。
 
意外にも身に脂はしっかり。
他の部位に比べたら控えめなのかもしれませんが、しっとりした舌触りな上にジュワッと溢れるほどには脂が乗っていました。
 
身が薄い分、皮の香ばしさが目立って感じられるのはシモならではかもしれません。
 
表面を"研いで"いくと、中から見事に真っ白な刀身が露わに。
 
こうして食べ進めると、皮の香りと脂の香りと、二重奏のハーモニーになっていたことがよく分かりますね。
 
ゆばとろお吸物(300円)。
最近お椀メニューも色々登場しているようですね。
 
今回は、ときどき副菜で登場するゆばとろを使ったお吸物だそう。
 
お味噌汁みたいに見えますが、ゆばから出た豆乳エキスで白んでいるのだと思います。
 
お出汁はいりこ?強めの出汁にしっかりした塩気、そこへミルキーなゆばが舌を包んで全体の印象をマイルドに。
 
お隣のお兄さんがこのお椀にアレンジを加えていたのも美味しそうでしたが、時すでに遅し。
また機会があったらお願いしてみようかな(^^)
 
今週も念願だったメニューをいただけて、大満足でした。
ごちそうさまでした!

【広告】