lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

【まとめ】築地の甘味処・天まめで「海を固めて召し上がれ」絶品寒天メニューはこちら!

イメージ 1

「海を固めて召し上がれ!」がコンセプト、築地の甘味処「天まめ」さんの寒天メニューをご紹介。

 

お店のオープンは2013年、栄養士の資格をもつ女性店主さんが開かれました。

寒天をメインに、素材にこだわった身体にやさしい甘味メニューが人気です。
  
イメージ 3
甘味の前に出される口直しのピクルスも、女性らしい彩りよさと、甘みで角をとった酸味の爽やかな味わい。
 
寒天の天草は、歯応えの強さが出る神津島産。
黒蜜の黒糖は、クセの少ない波照間産。
4種の鮮やかなお豆は、北海道産。
 
お腹にはしっかり溜まるけどカロリーは控えめ、美味しい寒天をほおばりながら気さくな店主さんとカウンター越しにおしゃべり。
身体にも心にもやさしい"天まめ"さんの寒天メニューはこちら!
 
【天まめ】
 
イメージ 5
 
店名を冠した看板メニュー。
寒天、餡子、黒豆、花豆、塩えんどうに後半は黒蜜やきなこをかけていただきます。
 
寒天は中くらいのカットでしっかりとした歯応えで、海の香りが弾るよう。
彩りあざやかなお豆の風味の違いも楽しいです。
 
 
【黒豆きなこ】
 
イメージ 3
比較的ボリューム控えめの1品。
 
寒天のカットは最も大きいそうです。
風味の高貴な黒豆と、寒天の海の香りと引き立て合うのはきなこの「大地」の香り。
  
 
【黒胡麻あずき】
 
イメージ 4
 
お豆の煮汁で延ばした餡と黒胡麻をたーっぷり寒天にかけてあります。
 
寒天のカットは最も小さくて、コリッコリッと歯応え抜群。
素朴な黒胡麻の香りもクセになります。
 
【ところてん】
 
イメージ 4
 
美しく盛り付けられたシンプルなところてん。
 
味付けは黒蜜と酢醤油から選択できます。
寒天と裁断が違うだけですが、こちらはもろもろと崩れるような食感。
この違いがとても面白いのです。
【天まめ(持ち帰り用)】
 
イメージ 8
 
お店は7時から営業されていますが、上記の店内メニューを食べられるのは11時以降。
それまでは持ち帰り用の商品を店内でいただけます。
 
とはいっても11時前も後も、使っている寒天自体は同じだそう。
ちょっとボリュームは少ないですが、リーズナブルにいただけるのでこちらもおすすめです♪
 
最後にお店のメニューを載せておきますね。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
ご参考にどうぞ!

【広告】