lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「ねいろ屋」でSAKURAバターミルク。

荻窪に来たらセットで定番のねいろ屋さんのかき氷もいただいていくことに。
 
平日だったこの日は、「かき氷のみ」の注文が可能な15時にお店へ。
 
到着時は空いていましたが、時間ちょうどを狙っていらっしゃるお客さんが多かったよう。
 
ひと通りメニューを確認して、狙ってきた季節ものをお願いしました。
 
SAKURAバターミルク(1000円)。
 
淡く儚くも目に鮮やかな桜色。
想像以上に"いい色"でちょっと驚きました。
 
器や受け皿も同系色で揃えるこだわり。
 
この辺りも抜かりなしです。
 
甘いミルク氷に、塩気のある桜シロップ。
 
仕上げに桜の葉の入ったバターソースをかけてあります。
 
ねっとりした食感のバターソースが面白いですね。
 
かき氷にバターソースというのがそもそも初めての経験でしたが、こんな仕上がりになるとは。
 
バターソースがキラキラと反射して、ライトアップされた夜桜のような趣きにも。
 
花開いてから散るまでがあっという間なことで日本人の心を捉える桜同様、
かき氷ものんびりしていると融けてしまいますから、さっそく食べ始めます!
 
さーっと融けながらキラキラと輝きを放つような天然氷の散り際。
塩気と甘みの幅のある味わいが、春の嵐に舞い上がる満開の花吹雪を思わせる華やかな情景を思わせます。
 
一方"塩気"を感じるものの"桜"の香りとしては弱かったかも。
バターソースも面白くはありますが、やはり温度のせいかバターの香り良さのようなものは感じられないのですよね。
 
目に鮮やか、面白い1品ではありましたが、やはりねいろ屋さんではフルーツ系をいただくのが間違いなさそうだと改めて実感しました。
とはいえ、季節メニューは1回は試したくなってしまいますね。
今後も悩ましい場面が多くなりそうです。

【広告】