lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」で筍とうどのちらし、筍とほたてと鶏肉のソテー バターソース 行者ニンニク醤油漬け。

前日お邪魔しそびれた米花さんにリベンジ。
この日は無事に朝ごはんをいただくことができました。
 
よかったよかった!
 
さっそくドドン!とお料理を出していただきます。
 
豪快に出て来ましたが、その正体は・・・
 
筍とうどのちらし、とでも呼べばいいでしょうか。
 
筍とうどが春爛漫すぎてその下が見えませんが、これご飯ものなのですよ。
 
酢飯にかんぴょうと、うどを甘辛く煮たものが混ぜ込んでありました。
 
上に乗ったうども甘酢漬け(らっきょう酢みたいな)になっていて、とても爽やかな春のご飯でした。
 
メインはこちら。
 
筍とほたて、鶏肉を炒めたに、レタスと胡瓜のサラダを添えてあるようです。
 
モリモリ、ゴロゴロ。
 
大きめにひと口大の具材がボリューミーに盛り込まれています。
 
レタスと胡瓜は生のサラダですが、熱々の炒めものの熱でちょっとしんなり。
 
これもなかなか面白い料理になっています。
 
意外にインパクトが強かったのは、この行者ニンニクの醤油炒め。
 
しっかり濃い味付けになってもいますが、それよりなにより力強い行者ニンニクの香り。
今が朝であることを忘れさせてくれます(?)。
 
単に"炒めもの"と呼んできましたが、お皿に溜まった水分が妙にコクがあってミルキーなのが気になって・・・
 
よーく見てみると・・・
 
仕上げにバターを融かしこんでソースにしてあるようです。
これが具材やサラダに浸みて、食べている間もさらに右肩上がりに美味しくなり続ける1品でした。
 
そもそも筍を"ひと春"分に十分なくらいたっぷりいただけただけでも満足でしたが、手の込んだ美味しくて面白い料理をいただくことができました。
とても美味しかったです。
ごちそうさまでした!

【広告】