lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」で鮪ヅケ。

続いて高はしさんへ。
 
この日は最近の新メニューの用意があるということで、ぜひいただこうと思っていたのですよ。
 
店内に入って、無事に注文。
 
待っている間、3代目から食べ方のレクチャーを受けました。
ほお・・・割って、混ぜて、絡めて、ですか。
 
というわけで、鮪ヅケ(2000円)。
お寿司屋さんに教わったレシピなのだとか。
 
黒々として、オーラのあるヅケですね。
 
見るからにしっかり漬け。
大半が赤身ですが、脂の乗ったところも少し。
 
浅い漬けでマグロのさわやかな香りを活かすのもいいですけど、個人的にはこういうどっぷり漬け込んだのも好みなのですよねえ。
 
表面のざらつきが馴れて濃密な舌触り。
 
歯を入れてもヌトーッと独特の食感です。
 
「割って、混ぜて・・・」の正体は、温玉でした。
ヅケだれに落としてあります。
 
言われた通りに・・・
 
割って黄身を軽くタレと和えます。
 
漬けを一切れ持ち上げて、温玉と絡めて・・・
 
いただきます!
 
かなり強めのヅケだれを温玉でマイルドに、黄身のコクが存在感濃く中盤の味を支えます。
温玉はやや火入れがいきすぎで、上手く絡まなかったのがちょっと残念。
その仕上がりさえ良ければ、個人的には文句の付けようのない1品になりそうでした。
 
しゅんと融けて消える脂の乗ったところもよかったですが、僕は濃密な赤身に軍配を上げたいと思います。
 
とても美味しかったです!
またいただく機会があったら、何か別の食べ方も試してみたくなる興味深い逸品でした。
ごちそうさまでした!

【広告】