lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」でかつをフライ、カキフライ。

6月16日(金)、週末が来て、スタートは小田保さんへ。
 
ちょっと久しぶりになりましたね。
 
店内は河岸の方ばかりで、移転談義がややヒートアップ。
 
イメージと違うご意見を聞くことができて貴重でした。
 
この日は注文を考えずに来たので、しばらく思案。
 
ホワイトボードが1つ増えて、悩みも1.5倍になりました。
 
というわけで、かつをフライ(650円)とカキフライ(300円)。
 
今年の牡蠣は土俵際で粘りますねえ。
いやはや、初鰹と共演してしまいましたか。
 
かつをフライは、ランチのサービス定食のロースカツみたいなサイズ感。
 
脂の少ない初鰹のフライというと、固くなってしまいそうなイメージですが、
みなさんのお話によると、かなりレアでふんわりした仕上がりだそうで。
 
と思ったら、部位の違いはあったでしょうけど、今回は中までしっかり火が入っていました。
 
あら?と思いましたが、食べてみると固さは全く感じず、空気をしっかり含んだ蒸し料理のようなふんわり仕上げ。
ほのかに酸味を漂わせた鰹らしさと、赤身らしい引き締まった旨み。
 
個性のある味わいでした。
 
そしてカキフライはこのサイズ。
 
もちろん、これで1個付けです。
 
もうすっかり味は軽くなりましたが、ふるっふるんとポップな食感。
かなり緩い食感ですが、これはこれでこの時期ならではのように思います。
 
思いの外軽くいただける2品でした。
いい休日のスタートとなりました。
 
ごちそうさまでした!

【広告】