lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

荻窪の「吉田カレー」で甘口(キーマ、温玉、ポテサラ)。

お昼は荻窪の吉田カレーさんへ。
 
この日はもともと伺う予定で注文も決めていましたが、今世紀は再登場しないと思われていた限定トッピング「ポテサラ」が出るということで喜び勇んで参戦。
 
開店してカウンターに着席。
開店時間からズラーッと店外に行列ができていました。
 
平日でも関係なく大人気、ポテサラ効果もあるのかもしれません。
 
今回狙ってきた注文は「キーマと温玉」。
 
吉田カレーさんというと、カレーの海に浮かぶキーマの孤島に卵黄が鎮座しているビジュアルが印象的。
そのイメージからか「キーマと温玉」と注文するお客さんが頻発するらしいのですよね。
でもそれは誤りで、キーマにはデフォルトで卵黄が乗るので卵がダブってしまうのです。
 
ちゃんとメニューでは赤字で「キーマには卵黄が乗ること」がアピールされていますが、一向に減る様子がないのだとか。
 
ということで今回はその"隠れ人気メニュー"に初挑戦!
 
甘口、ごはんなし(800円)、キーマ(350円)、温玉(100円)、ポテサラ(350円)。
 
合計で1600円ということに相成りました。
 
フルーツとスパイスの香りが入り混じるルー、極レアメニューのポテサラ、初対面の温玉…
 
どこからいただくべきか困ってしまうところですが、今回はなんとキーマも特別仕様とのことでしたのでまずはそちらからいただきます。
 
おお!結構はっきりした香ばしさと旨みが加わったように思います。
 
個人的にはチーズみたいな味に感じたのですが、
「動物性の脂とスパイスを合わせて火を入れるとチーズみたいな味が生まれることがある」
とインド料理の本で読んだことがあるので、何かそういうマジックが起きていたのかもしれません。
 
ポテサラは前回同様カレーにトッピングスタイル。
以前は別皿提供のこともありましたが、こちらのポテサラはこちらのカレーに合うようにカスタマイズされているようですので、断然トッピングの方が印象が良くなります。
 
前回久しぶりに登場した際「今世紀最後」と宣言されたので、僕の生きているうちは難しいかと思っていましたが、早くも再会できてうれしい限り。
 
そういえばこのところ「世紀末」っぽい世の中ですものねえ。しみじみ。
 
では本日の主役、卵黄と温玉に入刀!
 
ヒーローは黄身と黄身と、ヒロインは黄身と黄身、みんな主役さ!
 
初の温玉もカレーと合わせていただきます。
 
酸味や苦み、辛みに加え、普通に食べる分にはそれと気付かない「エグみ」のようなものまで、卵の「エッグみ」が丸め込んでまろやかでマイルドで角の立たない味わいに。
 
とはいえこの辺りは個人の好みですが、やはりちょっと尖ったところを総じて「美味しさ」と感じていたりするので、僕は卵なしで頼むのを基本としようと思います。
 
というわけで大変いい経験になりました。
注文時「温玉追加ですか?」と気遣ってくださったご主人の優しさに心が痛んだので、この注文は今回限りにしようと思います(^^;)

【広告】