lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「磯野家」で生鮭のバター焼き。

9月2日(土)、前日は急遽出勤したので今週は土曜にようやく築地へ。
 
今シーズンは高はしさん、かとうさんと場内で新サンマ塩焼きをいただいてきたので、この日は久しぶりに磯野家さんも押さえておくことにしました。
 
お店に入ると…、あら。
新サンマの入荷はないようですね。
 
これは残念ですが、こんなときだからこそレギュラーメニューから未食のものをチョイス。
 
というわけで「生鮭バター焼き」を注文してみました。
ご主人が「今日はいまのところ洋食の注文ばかり」とのことで、時間がかかりそうな雰囲気。
のんびり待ちましょう。
 
生鮭バター焼きは、磯野家さんの分類でいうと「和食」なのですよね。
僕の前にいらっしゃったお2人は肉豆腐、豚ロース生姜焼きだったので、メニュー上「洋食」の注文は豚ロース生姜焼きだけということになりますね(笑)。
 
磯野家さんは和食・洋食・中華とジャンルごとに料理人がいると伺ったことがあるので、恐らくメニューはそれに合わせた分類になっているのかと。
一時中華担当がいなくなったと聞いたので、それを機に和食・洋食あたりは線引きに変更があったのかもしれませんね。
 
というわけで生鮭バター焼き(810円)。
 
こちらのお料理は一時お休みしていたそうですが、この日は普通に注文可能でした。
 
生鮭のバターソテーに追いバター。
 
「生鮭」というとお刺身と勘違いされてしまうことがありますが、「冷凍サケ」に対するアンチテーゼとしての「生」であって、しっかり火は入っています。
「生サンマ」と同じようなことですね。
 
最近流行りの「生カステラ」とか「生ドーナツ」みたいなのとは違います。
 
鮭バターとサラダがぐるっとひと回り、盛り付けも魅力的。
 
ではでは、バターの融けないうちに。
 
皮目が厚みがあって、内から脂、外からバターがたっぷり浸みています。
 
最高。
 
香りの強い身は粉を付けて焼いてあるので、バターソースをほどよくまとった状態。
 
ちょっとビネガーの効いたソースにしてあるのか、サラダのドレッシングが干渉してきているだけかもしれませんが、南蛮漬けのタレみたいな味付けになっていました。
 
サラダもモリモリ。
 
「タルタル」は、市販のイタリアンドレッシングをマヨネーズと混ぜたみたいな簡易的なものでした。
 
ザクッ、ジュワー。
 
全体にイメージは「南蛮漬け風」という感じ。
想像していた味とは違ったのですけど、これはこれで好きなお料理でした。
 
磯野家さんにお邪魔したのは久しぶりでしたが、まだまだいただいていないメニューがあることを改めて確認できたのでまた色々食べに伺いたいと思います。
 
まずはサンマだ。

【広告】