lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

松陰神社前の「ブーランジェリー・スドウ」で世田谷食パン、Sバゲット。

12月8日(金)、お昼まで時間があったので、ササッとパンを買いに松陰神社前の「ブーランジェリー・スドウ」さんへ。
 
予約しないと購入できないという人気の食パン、朝イチなら飛び込みで少量買えると伺ったのですよね。
 
開店時間ちょうどくらいに着いてお店の方に聞いたところによると、
「焼き上がりは10時ですが、店内でお待ちいただくという条件で"角食"ならご購入いただけます」
とのこと。
 
というわけで1本購入。
 
世田谷角食パン(620円)。
何度も"角食"と言われたので人気の食パンとは別物なのかとも心配していましたが、レシートには世田谷食パンと表記がありました。
 
角が立って重みのある、品のいい食パンです。
 
なかなかきめ細かく詰まっていますが軽い弾力、口どけよく、バターも香ります。
残念なのは小麦粉の香りが弱いところで、甘さを付けて調整されていました。
 
Sバゲット(330円)。
よく発酵して大きな気泡。
お煎餅のような香ばしさが前面に出ていますが塩気は抑えめ。
 
最初はチグハグにも感じましたが、この焦げっぽさで塩気まで強くすると印象がうるさくなりそうなのでこれはこれで食べやすかったかもしれません。

食パン、バゲットともに東銀座のレカンのものに似ていると感じました。
ただどちらも小麦粉の質の点で大きく劣っていそう、その分価格も抑えられています。

多分食パンはアメリカ(もしくはカナダ)の小麦粉オンリーなのではないかという感じでした。

裏を返せば、価格を抑えた材料でよりいいものを丁寧に作り上げているということなのかもしれません。
近所の方には喜ばれそうなパンでした。

【広告】