lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」でつくねのすき焼き風、高野豆腐、ししとう・レンコン。

12月15日(金)、さて金曜日です。
 
前日ちょっと遅くなりましたが、この日は"フォースの力"を借りて起床。

いつにも増してウキウキしながら米花さんへ。
 
席に着くとトントンとお料理が登場。
 
お新香は深めに漬かった大根でした。

メインはつくねのすき焼き風。
 
最近何度か登場したと噂に聞いた料理ですが、僕はなかなか当たらなかったのですよね。
 
小付けは高野豆腐とレンコンのきんぴら、青いのはししとうかな?

ししとうは、先端が獅子の口に似ているからししとうというのだとか。
 
でもピーマンもこんな形をしていましたっけねえ。
あまり意識したことがありませんでしたが、こうカットされているとピーマンとししとうって見分けるのが難しいですね。
 
お味は、鰹節とのシンプルな共演が、どこか懐かしく心地よかったです。
 
さあ、メインへ。
 
つくねのボリュームもさることながら、何と言っても目に付くのは温玉。
 
温玉です。
 
"変わりすき焼き"みたいに受け止めていましたけど、見方を変えると"変わり親子煮"でもありますね。

パカッ。
 
この日のつくねは山椒か、もっと言えば八角のような変わった香りを感じたのですけど、何か使っていたのでしょうか?
 
まあそれは置いておいても、ハンバーグ大のつくねが3つもゴロゴロと。
何とも豪快な一皿でしょう。

黄身については、個人的にはしらたきに絡めるのが1番幸福感がありました。
 
米花さんらしさを随所に感じられるラインナップでした。
温玉は初めてだったかと思いますが、米花さんの甘めの味付けによく合いますね。
しらたきに米花さんの煮汁と黄身を絡めて、これだけでお腹いっぱいになりたいくらい美味しかったです。
 
今から一足先にスターウォーズの最新作を観てきます~と自慢しながら、ごちそうさまでした!

【広告】