lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「中栄」で築地魚河岸シーフードカレー。

カレー気分がよぎったので、久しぶりに1号館の「中栄」さんへ。
 
実はまだいただいたことのなかったシーフードカレーがずっと頭の片隅にあったのですよね。
 
提供スピードには定評のある中栄さん。
ガラッと扉を開けて「あいがけ!」と入ってきた常連さんが、席に着く頃には卓上にカレーが用意されているほどです。

しかし殊シーフードカレーに関しては、注文を受けてからシーフードを炒めたりしていらっしゃるようで2,3分待ちました。

それでも2,3分ですけどね。

築地魚河岸シーフードカレー(850円)。
 
築地カレーの常識であるキャベツの千切りの他、小海老、あさり、イカ、ホタテが具材として、そしてカニ爪がトッピングされています。
 
ルーはオーソドックスなカレーの香り。
 
辛さはほとんど感じません。
 
カニ爪だけは別調理。
蒸しただけかと思います。
 
爪を持ってワッシワッシ食らいつきました。
 
シーフードはそれぞれに出汁が出ていたと思いますが、特にアサリを強く感じたと思います。
 
旨みの強いルーにキャベツの甘みもよく映えます。
 
忘れるところでしたが、卓上の福神漬けもトッピング。
 
辛いカレーではありませんが、福神漬けの甘みがよく噛み合いますねえ。
 
緩くとろみがあってマイルドな中栄さんのカレールーにシーフードの旨みはとても相性よく感じられました。
具自体の質はそれほどよくないのですけど、このルーはまた食べたくなる魅力のあるものでした。
 
お店の方の気持ちのいい客あしらいを聞きながら、
「またカレーを食べたくなったら…いや、次はハヤシもいいな……」
などと考えを巡らせながら、ごちそうさまでした!

【広告】