lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「高はし」でなめたかれい煮付(カマ)。

続いて高はしさんへ。
 
前週はまだ復活のそわそわ感があったので、ようやくこの感じが戻って来たなという感じ。
 
席に着いて、メニューを確認。
 
お茶。
 
「65さん、今日は何にしますか?」
 
この"間"!
 
なめたかれい煮付(カマ)(3500円)。
前週のきんきに続いて今週も煮魚四天王の一角を落とす機会に恵まれました。
高はしさんの煮魚は基本的には注文を受けてから煮るため15~20分かかりますが、なめたに関しては先に煮てあってすぐに出てくることが多いように思います。
 
なめたかれいの魅力は主に2点。
 
子持ち。
一般的に卵を持った魚は、卵に栄養を取られて身は痩せるものなのですよね。
なので魚卵を取るか、身の旨さを取るかは二者択一になるのですが、殊このなめたかれいに限っては子持ちでも身に脂が乗っている稀有な特徴があるのですよ!
 
そしてこのエンガワ。
ぷりゅぷりゅでまろやかな脂の甘み。
 
これはまたなめたの質にもよるかもしれませんが、高はしさんにかかれば安心で安定のクオリティー。
 
高はしさんのなめたは"カマ""真ん中""シモ"と3つの部位があって、タイミングによっては選ばせていただけるのですよね。
 
一般に1番人気は、卵、エンガワともに量的に恐らく最も"シモ"。
ただ個人的には"カマ""真ん中"は卵やエンガワに厚みがあって、それはそれで魅力な気がしています。
 
というわけで今回はカマをチョイス!
 
ああ、やっぱり脂が乗ってる、とろける…!
 
最初少し煮汁を弾くほどの脂ですが、口の中でじんわり、ゆっくりと馴染んでいきます。
 
卵は、ギリギリぴったり間に合いました感のあるジャストな火入れ。
これもしっとりとろけますね。
 
ボリュームもあって各パーツ心行くまで堪能できました。
3部位コンプリートするのも楽しみですが、またカマを食べたくなってしまう気持ちもあります。
 
次は他のお魚も悩むんだろうな!と思いながらごちそうさまでした!

【広告】