lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「米花」で海老・牡蠣カレー、がんも・手羽元煮。

1月26日(金)、翌朝は無事にいつも通り起きられたので、いつも通り米花さんへ。
 
「寒すぎダヨ…」と沈むJさんを鼓舞して、お茶とお新香をいただきます。
 
そしてメインはカレー、小付けも出て来ました。
 
いっただっきまー…
と思ったら、スプーンが見当たらずJさんがどちらかへ行ってしまったのでしばしステイ。
 
戻ってきたJさんにスプーンをいただいて、いざいただきます!
 
この日のカレーはボタンエビ、カキ、アサリ。
 
ルゥは、唐辛子やスパイスの辛さはありませんが、やや塩気が強め。
魚介の出汁は特にアサリ、次に海老が香りました。
 
カキは煮込んだりはしていなさそうで、最後に生牡蠣を入れてサッと火を入れたくらいなのかも。
 
ちゅるんと、ほぼほぼ「カレーのかかった生牡蠣」を食べるような感覚で、斬新でした。
それも4つも!
 
小付けは大判のがんもと手羽元。
 
後で思いつきましたが、手羽元はカレーに投入してもよかったですねえ。
 
カレーを食べ終えてお新香をつまんで帰ろうか、というところで、
「すいません忘れてました」
とJさんが満面の笑みでお味噌汁をくださいました。
 
この日はちょっと心配なくらい終始寒がっていらっしゃって、スプーンの件といいところどころ"抜け"がありましたね。
ただ、そういうコンディションがパフォーマンスに分かりやすく出てしまう人間味のようなものもJさんの魅力。
 
「温かくして過ごしてくださいね」と声をかけてお店を後にすると、後ろから「真面目に働くんダゾ!」という声がして却って温めていただいた形で、ごちそうさまでした!

【広告】