lockandgo65

美味しいもの食って写真撮って、あとで振り返ってのブログ

築地を中心に食べ歩いています。よく食べ、よく歩きます。

【広告】

築地の「小田保」で穴子フライ。

八千代さんを出て、小田保さんでも近いうちに穴子フライを食べて比較ができたらなあと考えるや否や…
 
小田保さんに空席があるではないですか…
 
というわけで着席。
 
「穴子フライお願いしまーす!」
 
穴子フライ(800円)。
一時穴子が高騰した際に「やめた」という噂も聞いていましたが、表と店内入ってすぐ左に貼ってあるメニューはそのままだったのですよね。
 
この日も普通に注文できました。
 
小田保さんは2.5口分ずつくらいにカットされて登場。
 
全部で小振りの穴子が2尾分かな?
 
小田保さんの穴子もしっかり厚みがあってもっちり弾力。
 
比較で言えば八千代さんの方が厚みがあったようにも思いますが、仕入れの誤差の範囲かもしれません。
 
差が大きかったのは、衣と下味。
 
衣に関しては八千代さんの個性が強すぎますし、小田保さんは平常運転。
特に印象的だったのは下味の方で、比べてみるとよく分かりましたが小田保さんの方が大分強めに塩をしてあったようです。
 
これは収穫。
たまに食べ比べなどしてみると発見があると面白いですね。
 
2軒連続でお邪魔できて幸運でした。
 
ごちそうさまでした!

【広告】